小林です。
クリスマスも近くなってきていて
都市部の飲食店では予約も
多く入ってきていると思います。
メニューは広げすぎて
いないですか?

繁忙期ほどメニューを
広げすぎている
オペレーションが
崩れてしまい
最終的には売上が
あまり上がっていない。。。
といった状態になってしまいます。

居酒屋などでいっぱいメニューを
並べているお店がありますが
今月は普段より絞り気味に
した方がいいと思いますよ。
居酒屋ではメニューを
いっぱい置かなくては
いけないという風潮自体を
考え直すチャンスです。

 

それでもメニュー数が
増えてしまうのが
この商売だと思います。

 

私も飲食店を経営しているので
よく分かります^^

 

今日はちょっとした
メニューを組むときの
ポイントを説明しますね。

メニューがある程度の
ボリュームを求める
お客様が多いお店では、、、

なるべく同じ材料で
複数メニューをカバー
できるようにする。

少しの工夫次第で
できるメニューを
入れていく。

という事なんです。
たとえば
刺身を出しているならば
魚の切り身で
できるメニューをいれたり、
上のトッピングやソースなどに
創意工夫をこらせば
一つの食材で
最低5種類はできると思います。
あ!
別に無理にメニューを
増やす必要はないですよ!苦笑
あくまでもメニュー数が
どうしてもないと困る
というお店が対象ですから、、、
話を戻しますと
素材を色々な形にしていけば
かなりのメニュー数に
なると思います。

 

一つの素材で
5種類メニューを作れる。

 

 

その5品の中でも
組み合わせて
バリエーションが
組めますよね?
そうすると、、、

25種類ほどメニューが
組める事になります。

そのメニュー売りたいですよね?
お店にもよりますが
POPがオススメです。

紙と色ペンで簡単にできます。

さらに直ぐに売上になります。
ぜひやってみてくださいね。
そして、
メニューを絞って取り組むお店は
あなたのお店で一番売りたいメニューを
全面に出して販売してください。

お客様はあなたのお店の事を
あまりよく知りません。

そのお客様にあなたのお店の
一番自信のあるメニューを
オススメする事で、

あなたのお店のファンに
なってくれる確率が
格段にアップします。
はじめは絞るのが
怖いと思いますが
以外にも自分の考えている事と
お客様が思っている事が
違う事に気がつくと思います。