小林です。
飲食店は粗利が高いビジネス
と言われているようです。

 

 

しかし

・思ったより全然儲からない、、、
・経費ばかり取られてしまう、、、
・思わぬ支出ばかりで困っている、、、

 

 

 

こんな経験があると思います。

そうなんですよね〜。
飲食店は数字の管理をキチンと把握していないと
利益がでるどころか経費で売り上げの
大半を持って行かれてしまいます。
飲食店で係数管理ができる
経営者が少ないのと
そもそも係数管理が
苦手といった方が多いです。

 

 

お店の数字の把握をする。

 

 

どんなビジネスでも収支があります。
飲食店は人件費、食材費、家賃など
本当に経費が掛かる商売です。

 
さらに売り掛け(クレジットカード)
などを取り扱えば、
その売り上げ金額が
すぐに現金にする事もできないので
一時的に資金がショートする
可能性だってあるわけなんです。

 

 

 

 

支出より収入が多ければ
当然利益になります。

 

 

これが意外にも難しい。。。
お店の経営状態を細かく把握するだけで
このような問題を解決できてしまう事って
意外にも多いんですよ。
あなたのお店は日報、月報などデータを
取っている事と思いますが
どのくらいの頻度で
それらの数字をみていますか?
半月、、、

1ヶ月トータル、、、

 

 

 

お店によって違うと思いますが
今日は当店で実際に行っている
係数管理の方法を
お伝えしようと思います。

 

 

現在、日報を書いて
後でまとめて計算している
と思いますが、そのやり方だと
どうしても原価管理が
行き届かなくなってしまいます。

 

 
オーナー自身が仕入れから
全て行っていればある程度は想像ができますが

スタッフを雇っている場合は
そうも言っていられませんよね。

 
一々何を注文したのか
チェックしなければならない
という事になってしまうと、、、

 

 

「自分でやったほうが早いな。」

こうなってしまい、結局、、、

 

・係数管理も社長

・仕入れも社長

・業者さんとの交渉も社長

・銀行にいって入金するのも社長

・料理を作るのも社長

・お客様に料理を運ぶのも社長

 

 

などなど

実際はもっと仕事をしていると思います。

 

 

 

これらを全てあなたがこの先ずっと
やっていたら体も持たないし、
間違えも犯しやすくなります。
しまいには体調を崩して倒れてしまって
お店を開けられない、、、

何てことになってしまいますよね。

 

 

なので、
スタッフに今あなたが行っている
仕事を委任していく必要がなんです。

その中でも今日は係数。
当店では私が係数管理を行っていません。

全てスタッフが係数管理をしています。

はじめはスタッフに委任するのが
正直怖かったですが、
今では信頼して任せています。

 

 

ま〜〜最終チェックはやりますけどね。笑

どのような方法で委任していったのか?

それでは説明をしますね。

 

 

ステップ1
・自分が行っているタスクを全て書き出します。
ステップ2
・目標を設定してスタッフに少しずつ
教えていきます。

 

 

ステップ3
・3ヶ月はしっかり見てあげてください。
その後は途中で確認を軽くしていきます。
ステップ4
・うまく委任したら自分の役割をしっかり
伝えます。(数字の管理の重大さなど)
以上で委任できます。

 

 

そして、、、、
もっとも大事なところは

1週間おきに週報を取っていく。

意外にもこれが効果があります。

 

たとえばドリンクの仕入れ値が
予想よりもかかっていた場合は
早めに問題発見につながること。

それに、スタッフも原価を
気にしてくれるようになります。

 
この作業を6ヶ月も続けていけば
高確率で狙った原価率に収まっていきます。

 
後の経費の部分は広告に回したり
来月にむけてプロモーションの手配をしたり
係数管理ができるとその後の展開が
メチャクチャ楽になります。

 

ぜひ参考にしてくださいね。

 

そして、集客商品があなたのお店にあれば
もっと係数管理が変わります。

集客商品の事を知りたい方はこちらこちら