小林です。
昨日から飲食店がネット集客がしやすい
食べログの事を書いています。

 

 

食べログやぐるなび、
ホットペッパーグルメも
サイト自体の構成が違いますが
根本的には集客の仕組みは同じです。
しかし、気をつけて欲しい事もあります。

 

 

それは
地域属性

が意外にも大事という事なんです。

 

 

あと年齢によるターゲットです。
食べログやぐるなびは
比較的年齢層が広範囲に分布しています。

 

 

 

ホットペッパーグルメに関しては
年齢層が低い傾向がありますが
ホットペッパーグルメだから
年齢が高い人が見ないということではないので
余り気にしなくてもいいかもしれませんね。
ただ、あなたのお店に来て欲しい
年齢層にアプローチする時には
以上のことも踏まえて
集客を行う必要があります。

 

 

ここで値引きによって
集客しようとしている店舗が
ありますが、
私の経験からいいますと
値引きによって
ある程度は集客できます。

 
でも
リピートはしないものだと
考えてください。
なぜかといいますと、
値引きをすれば確かに集客はできます。
しかし、値引きで集客した
お客様の属性に問題があります。
値引きが当たり前で、
値引きをしている店舗ばかり探し出して
グルグル回っているだけ
という事が多いからです。

 

 

バーゲンハンター

といわれているお客です。
(ここではお客と言わせてもらいます。)

 
バーゲンハンターは
値引きに慣れてしまっているので

 
「あの店はこんなに値引きをして
あっちの方がよかった。」
「この店は良くない、まずい!」

 

 

「あっちのお店の方が◯◯円安かった。」

 

 

など
クレームが多いのが特徴です。

 

 

しかもリピートもしないです。
あなたはどちらのお客様を選びますか?

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
値引かないで集客して
お客様に喜んでもらうのと
値引をして集客するが
クレームや文句ばかりいうお客と
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私は値引をして集客を
やめた方がいいと
言っているわけではありません。

 

 
値引をするのなら
値引をする理由をハッキリし
次につなげる値引集客をしませんか?

という話をしています。

先々の事を考えて
値引集客をしていればいいのですが
意外にも考えていないで
ただ値引だけをしている店舗が
非常に多いです。

 

 

閑散期だから値引をしないと集客できない。

という考えではなく

値引をしても次につながる値引に
しなければなりませんよね?

 
値引をして販売してしまうと
利益も取れないし、
スタッフのモチベーションも
下がってしまいます。

 
でも値引しないと集客ができない。
という場面に遭遇するのも商売です。

 

 
どうせ値引をするんだったら
利益は欲しいと思うのが
飲食店だと思います。

 

 

ウリの商品を値引をすると
集客力が増します。

ウリの商品をお考えの方は
こちらをご覧ください。