小林です。

 

 

ポータルサイトで集客する。
プレスリリースをやる。
ちらしを撒く。

 

 

これってどれも新規客を
集客する方法なんですよね?
新規客を集客する方法はいっぱいあります。

 

 

しかし、、、

既存のお客様に来店してもらう方法が
確立できていないと、
折角新規客を集客しても
それだけで終わってしまいます。
そしてここで大きな勘違い
をしているお店があります。
それは
ターゲットを絞る。

 

書籍、ネットの記事、コンサルタントが
すべて同じことを言っています。
しかし、このターゲットを絞る。

という意味が分からないで
絞り込んでいるお店が
多いように思います。
あなたのお店は
ターゲットって決まっていますか?

ほとんどの飲食店が、
ボンヤリした感じで
なんとなく決まっている。

と答えると思います。

 

ターゲットの明確化。

商売をする第一ステップのように
聞こえますが
実は1番にすべきことではありません。
なぜかといいますと、、、
始めからターゲットを
絞りすぎてしまって
肝心の集客ができなくなっている。

 

このケースがほとんどだからです。

絞りすぎは禁物ですよ!
世間一般では一般論だけを
伝えているので
必ずしもあなたのお店に
合うわけではないです。

 

 

販促物などのメッセージを考えるのに
ターゲットが絞り込めないと
作ることができない事は
事実ですが、
実際、リアルなお店では
直接お客様と対面になるので
あまり絞りすぎてしまうと
あとで取り返しの
つかない失敗になってしまうでしょう。

 

 

そうなると、、、

自分のお店にはどんな人に来て欲しい。

 

 

と自ら扉を閉ざしてしまい
もしかしたら上客になりえる
新規客に気づいてもらえない

といった事になりやすいのです。

 

 

 

お店側が
「この客いい!」

「この客ダメだ!」

と決めつけていては
いつまで経っても
繁盛店にはならないし
自分の欲求を満たしてくれる
お客様が

仮に来店した場合、、、
きっとあなたは利益を度外視して
サービスしてしまうかもしれません。

それで経営が成り立つなら
もちろんいいと思います。
しかし、ほとんどの飲食店が
ジリ貧で店舗経営をしている事を
あなたは知っていましたか?
いい料理、いいサービスは
もちろん大事ですし、
すごく立派なな事です。
しかし、、、
ジリ貧で飲食店を経営していては
いい料理やいいサービスを
提供する事は難しいのではないですか?

 

 

新規客を集客するときに
今私がお伝えした事を
思い出してください。
新規客を自信のあるメニューで
集客したい!と思っている方はこちら
やり方を学べます。