小林です。

 

最近やたらと

「予約がキャンセルされた!」

なんて話を多く耳にします。

 

 

あなたのお店はどうでしょうか?

わたしのお店は月間で約5万円ほど
突然のキャンセルによって
売り上げが立たない事がありました。

 

予約した方の連絡先に連絡しても
一向に電話にでない。

電話に出たら逆ギレされる。

 

 

 

それでも事情を分かっていただいたお客様は
キチンとこちらが請求した
キャンセル料をお支払いになります。

 

先ほど月間で5万円分といいましたが
それは普段の月。

 

 

11月、12月の繁忙期になると
10万円分にものぼります。

 

 

あなたはこの話を聞いて
どのように思うでしょうか?

 

 

わたしは始めキャンセルによって
苦しい思いをしました。

あてにしていた予約。。。

 

 

しかしお客は時間になってもこない、、、

日にちを間違えたのかとスタッフに確認したり。。。。

せっかく用意した料理は破棄する羽目になり。。。。

 

 

「キャンセル許せん!!!!」

と強く思っていました。

ある時、余りにもキャンセルが相次いで
あったのでキャンセル予防策を考えました。

 

その予防策として

〜〜〜〜〜〜〜〜
キャンセルポリシー
〜〜〜〜〜〜〜〜〜

を導入しました。

 

 

結果は、、、

ひと月のキャンセル料が
3万位にまで下がりました。

 

 

しかし、、、

できれば普通に食事に来ていただいて
料金を請求したいですよね。

 

 

誰だってこんな事したくない。。。

でもお店(会社)を守るためには
仕方ないですよね。

 

 

 

ある方は

「宴会を突然キャンセルされた!」

と騒いでいました。

 

 

facebookでご予約をした方を見つけて
料金を請求したそうです。

 

 

ツワモノですよね。笑

 

 

わたしは一連のキャンセルに対して
このように思っています。

 

 

「キャンセルした場合は回収できればするが
無理な回収はしないしする必要がない。」

 

 

と思っています。

仮にキャンセル料を請求して
相手が嫌がった場合、、、

 

裁判にする事もできます。
(裁判で勝てる証拠があればですが)

しかし、そこまで労力を使って
やる事でしょうか?

弁護士費用、諸経費を含めても
割に合わないのではないでしょうか?

気持ちは痛いほどわかります。

 

 

 

わたしも「訴えてやりたい!」

と言う気持ちはあります。

 

 

でもね、、、

その労力を他に回したほうが
もっと売り上げが上がるのでは
ないでしょうか?

 

 

例えば

・販促を強化する。

・スタッフの教育を強化する。

・いい料理を作る。(これは当然ですが、、、)

・キャンセルされて悔しいから
独自のウリのメニューを考案する。

などなど

 

 

 

このように考えたほうが前向きですし
売り上げも継続的に
上がりやすくなるのではないでしょうか?

 

 

 

結論を言いますと
キャンセルする人はします。

 

それにいちいち腹を立てているより

・キャンセルポリシーを導入したり

・宴会は内金を頂いてから
ご予約の扱いにしたり

・予約の電話の時点で
キャンセルの事を伝えたり

あくまでも一例ですが対策を考えておき
スタッフと共有する事のほうが大事だと
わたしは思っています。

 

 

ちなみにですが、、、

キャンセルする殆どの客は
新規客

 

 

ですよ。

 

 

商売はリピートをしないと
長続きしないと言われています。

 

 

今こそリピート対策するとき
かもしれないですね。

 

キャンセルの事より前向きに商品開発したい!
と言う方はこちらを見たほうがいいです。