小林です。

寒いですね。
東京は今日は雪が降るかもしれないです。

 

 

寒いとお客様は中々歩いて
ワザワザ立地の悪いところまで
足を運んでくれません。

 

 

しかし、あなたのお店が
何らかしらの差別化要素があると
お客様はワザワザお店まで
来てくれます。

 

 
飲食店は2月と8月が
厳しいと言われていますが
天候により集客が
難しくなるからです。

 

 
2月は本当に寒くてお客様が
中々外に出たがりません。

 

 

そして8月はお盆休みがあり
都市部では閑散としています。

 

 

観光地などはたくさんの人で
賑わいますが
少し時期がずれてしまうと
あっという間に集客自体が
厳しくなります。

 

 

そんな店舗型ビジネスですが、
安定的に集客できる手段は
完全差別化ができるか
できないかだと
私は思っています。

 

 

 

他店舗との特徴をどのように打ち出し
お客様の目をこちらに
向けることができるか。

 

 
つまり独自のポジションを
どのようにして取っていくのかが
とても大事なのです。

 

 

難しそう、、、
と思わないでくださいね。
今あるリソース(資源)で
十分差別化ができてしまいます。

 

 
今日はどんな差別化があるのか
お話ししたいと思います。

 

 

・商品(料理、ドリンクなど)

・独自のサービス

・スタッフの個性

・他の業態との組み合わせ

 

 

などですね。

 

 

価格で差別化ももちろんできますが
私はオススメしません。

 

価格競争の中に入っては
あなたのお店の良さが
分かりづらくなってしまいます。

 

 
ここで気をつけなければならないことがあります。

それは、無理やり作り
自分だけで完結しないで
「これで他店舗との差別化をしよう!」

と思って実行する事が大事です。
その為にも競合他店舗のリサーチは
欠かせないと思います。

 

 

飲食店は大手チエーン店が
競合リサーチをしてるくらいなので
以外にも独自のポジションが
見つかると思います。

 

 
是非やってみてくださいね。

 

 

 

追伸:
今日お話しした事は全てに使えます。
正直かなりめんどくさいし、
骨の折れる作業です。

だからこそ、他店舗はやりませんし
そのような考えはありません。

差別化ができてくるとリピート率が
飛躍的にあがりますし、
新規も楽に集客できます。

頑張ってくださいね。