小林です。

 

 
価格を下げて集客している店舗。
かなり多いと思います。

本当はこの価格を取りたいんだけど

 

 
お客に高いと言われるから
価格を下げて販売していたり、、、
 

 
本当はこんなことやりたくないけど
しょうがなく低価格帯で販売していたり、、、

 

 

そんなお店が多いですよね。

 

 

仮に本来の価格から下げて販売していても
店内で客単価をアップする事ができれば
その価格部分を補えますよね。

 
一番わかりやすいのは
POPと呼ばれる方法です。

 

 
でも一番の問題は折角大金を投資して
作り上げたお店。

 

 

店内にペタペタ貼りたくないのではないでしょうか?

 

・安っぽいし

・作るのも面倒

・そもそも何を売っていいのか分からない

こんな話をよく聞く事がありました。
WEBで集客をしても、お客様のイメージが
下がってしまうのではないのか
というご意見もありました。

 

 

そのお店のスタイルに
私は口を出すつもりもないし
やりたくなければ
やらなくてもいいと思います。

 

 

しかし、売上が気になり、
利益を残したいのであれば
POPはやるべきだと
私は思っています。

 

 

ダサイ!!
ペタペタ貼るとイメージが崩れる
と思っている店舗経営者様。

 

 

店内に貼る位置と
デザインで印象が変わると
思いませんか?
お店のコンセプトにもよりますが
例えばアットホーム感を
大事にしている店舗の場合。
アットホーム感を演出する為に
イラストを入れたり
人の温かさを出す
手書きのPOPに仕上げていけば

 

お店に来店する人は
きっとあなたのお店の
コンセプトである

「アットホーム感」
に共感してくれます。

 

 

 

スタイリッシュな店舗の場合。
 

手書きだとどうしても
アットホーム感が
出てしまい、
コンセプトと噛み合いません。
 

ではどうすればいいのかというと
印刷物をさりげなく貼っていけば
お店の特徴を損なわないで
POPを有効化できますよね。

 

 
このようにPOPといっても
ダサイ訳ではなく
店舗の雰囲気を醸し出すのに
デザインだと
思えばいいのではないでしょうか?

 

 

 

次に問題になるのは文面ですよね。
次回に文面(コピー)について
解説していきますね。

では、またメールしますね。