小林です。

 

あなたはお店を開業するとき
どんな気持ちでお店をオープンしましたか?
お店を開業する時って

 

毎日お客様がいっぱい来てくれて
自分達のやっている商売に
達成感や充実感があって

 
売上もいっぱいあって
お金も沢山入ってきて。。。
お店をオープンする時
思っていませんでしたか?
ちなみに、
私はお店をやってよかったなぁと
思っています。
なぜよかったのかと言いますと、、、
自分の人生でやるべき事を見つけられて
それでお金も貰えるなんて
これ以上いい事ないんじゃないの?
と思っています。

 

私自身。
ここまで来るのに決して平坦な道では
ありませんでした。
しかしそのおかげで
人間としても成長でき、
今度は以前の私のように
経営に苦しんでいるお店をサポートして
お店の経営者様に喜んでいただくのが
何よりも嬉しいと思っているからです。
あなたはどうでしょうか?
自分が好きで始めた店舗経営は
好きでしょうか?
そうですよね。
好きでないと
この商売できないですよね。^^
なぜなら
儲けるために業態を選んで
私たちは日々の営業を
しているわけではないからです。
もちろん商売として
儲ける事は必要ですし
その部分はお伝えしています。
しかし
本末転倒な話や
「儲けたいんだったら
◯◯やればいい!」
といった考えでは、

今後私がどう頑張ってサポートしても
より良い結果が出せないです。

 

私自身大事にしている事があります。
=========
パッション(情熱)
=========
パッションは物事をやろうとする
原動力です。
例えば
色々なマーケティング手法や
儲かるであろうマーケットがあっても
実はやっている本人は
ちっとも幸せじゃないんですよね。

 
それに儲かればいいですが
ダメだった場合、、、
最後自分を支えるのはパッションであって
これがないと長く続ける事が出来ないんです。
そして
たとえ上手く儲けられたとしても
不幸になります。
え!!!
なんで!
なんで儲けたら不幸になるの?
疑問に思うことでしょうね。
仮にですが

あなたが今の商売でなくて
違う商売に手を出すキッカケが
「儲かりそうだから◯◯をやります!」
と言って商売を変えてしまったら
あなたは一生後悔することになるでしょう。
たとえその商売で儲けられたとしても、、、
理由は簡単です。
あなたが商売を変えようと思った原動力が
「儲けるためにやる。」
このようなマインドだからです。
少し心理学の話になりますが
「燃え尽き症候群」
って知っていますか?
簡単に説明しますと
儲けさえすればいいと頑張っていて
あなたの本当にやりたい事を我慢して
実際に儲ける事ができたとします。
達成すると
次に何をやっていいのか分からなくなり
無力感、孤独感が強くなり
無気力な状態になってしまいます。
それでもいいなら止めはしませんが、、、
私はあまりオススメしません。
それよりも、あなたが好きで始めた商売。
好きな商売で儲ける事の方が
あなたも情熱をもって取り組めるのです。

 
今の商売を辞めて、儲かると言うだけの
商売には決して手を出さないでくださいね。

 

「もしかしたら俺の事??」
と思った時に
読んでいただければと思います。