小林です。

 

お店ってある程度の売上に余裕が出来てくると
必ずと言っていいほどスタッフの獲得に
頭を悩ませていますよね。

 

それまで売上を上げるために頑張ってきたのに
もっと売上を上げるためにスタッフを
雇おうと思ったけど
 

いない。。。

 
私の仲良くさせていただいている
ある美容室の経営者さんは
こんな事を言っていたのが印象的でした。

 

 

その方は現在、都内に美容室を
2店舗経営していて売上は好調です。

 

オープンから一緒に頑張っているスタッフのために
もう1店舗出店したそうです。

 

偉いですよね。^^
しかし、もう1店舗が問題があったのです。

 

それは、、、

今まで本店で頑張っていたスタッフが次々と辞めてしまい
支店を任せている店長にまで

 
「◯◯さん、ここが悪い!だから人が辞めるんですよ!
私も長くないです!」

 

と言われたそうです。

 

その美容室経営者さんは
ここまで頑張ってきたのになんで?

とかなり落ち込んでいました。

 

 

一時期は本店の美容室を
なんと一人でやっていたそうです。

 

売上が安定してきたら今度はスタッフの問題。。。
飲食店も同じだと思います。

 

 

私たちの商売は
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
労働集約型ビジネス
〜〜〜〜〜〜〜〜〜

人の手を介さないと売上にならないんですね。

 

先日、私のところにあるチラシが来ました。

 

表面は普通に新規オープンの告知と
下の方に同時スタッフ募集の話。

 

とまぁ
ここまではよくやる
新規オープンのチラシだと思います。

 

面白いのは裏面です。

 

なんと!

 

履歴書になっていたんですね。

 

私はこの広告を作った方
頭いいなと思いました。

 

チラシの表面は新規オープンのお知らせが
あり、少しだけスタッフ募集の告知。

 

ここまでは結構ありますよね〜〜。
裏面の履歴書とは、、、

 

募集要項はアルバイトなので
近隣に住んでいる方を対象としています。

 

あなたはこのチラシどう思いますか?
今、飲食店や美容室は人手が足りていません。

 

少しでも興味を持ってもらって
採用につなげる。

 

ここ!
経営者が一番考えなければ
いけないことなんです。

 

 

あなたはどんな方法で
スタッフを探していますか?
・求人誌

・WEB

・自分のお店のホームページ

・人を介しての紹介

・ヘッドハンティング

・お店に来店してくれている常連客

とまぁ
色んな方面で
スタッフを獲得できる訳です。

 

こう考えると
集客行為と同じだと思いませんか?

 

ある大手居酒屋では外国人のスタッフが
数多く働いているそうです。

 

なぜそのような状況になるのでしょうか?

 

明日は集客の事の番外編として
スタッフ募集の事を書いていこうかな
と思っています。