小林です。

 
私がどうして

〜〜〜〜〜〜〜〜〜
差別化をして高単価、高収益に
してくださいね。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜

と言うのか
 

お話ししていきます。

 
差別化と言うのは

 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
他の競合店と
価格競争などをやらない。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

事です。

 

つまり戦わない戦略のことです。

 

「え!なんだって分からない!!!」

 
ご安心ください。

 
順を追って説明していきますね。

 
飲食店や美容室ってお店の数が
ものすごく多いですよね?

 

お店の数が多いから提供している
商品も似たり寄ったり

 
ほとんどのお店の商品は
「あ!この料理他で食べたことがある!」

 
「このカット他のお店と比べてどこが違うの!」

 
とまぁ

 
お客様自身が商品の違い自体に気がついていないんです。

 
そうすると、、、

 
お店側は

商品の違いを出そうと
必死に新商品を開発したり
奇抜なアイデアで勝負してきたり
少しでも目立とうとしていきます。

 

目立とうとするあまり
今度は競争になっていきます。

 

そうです。

 

「価格による値下げ競争です。」

 
いつも私がお伝えしているように
値段を下げると経営体力がある大手に軍配が上がります。

 

それは、、、
資金、人材どの資源を取っても
大手の方が優っているからです。

 

あくまでザックリとお伝えしましたが
今の飲食店、美容室の取り巻く状況です。

 

あなたは今ここで説明した
世の中でお店を経営しています。

 

しかし

 

その中でもキチンと
利益が取れているお店
あります。

 

なぜでしょう。。。

それは

===============
独自のウリやそのお店でしか味わえない体験を
提供しているお店です。
===============

 
そのお店は価格競争とは無縁で
着実に利益を伸ばして商売をしています。

 
なぜそんなことができるのでしょうか?

 

それは独自のポジションを
取っているからです。

 

独自のポジションを取った為
他の競合するお店の数が少なくなり
商売を優位に進める事ができるわけです。

 

でもこの話はチラシやFAXDM、WEB集客などの
ノウハウの部分ではありません。

 

もっと大きな枠組みの部分です。

 

少し難しいかもしれませんが
コレを取り組むことによって
今後の店舗経営がスムーズに
安定して継続して経営していく事が
できるようになります。

 

ぜひ何度も読み返していただければ
私も嬉しいです。

 
質問がありましたら遠慮なく
聞いてください。

 

ご質問はこちらです。