小林です。

 

さて、、、

ポジションといえば
有名な話があります。

 

有名な牛丼業界。

 

牛丼業界でトップといえば
◯野家がまず誰でも頭に出てくる事と思います。

 

牛丼業界の先駆者ですよね。

 

その先駆者に後発として参入したす◯家。

 

 

当然当時の牛丼業界でトップの◯野家と真っ向から勝負できません。

 

そこです◯家はどうしたのかというと、、、

 

牛丼業界のポジションをズラして参入したんです。

 

あなたも食べた事はなくても
お店は見た事があると思います。

 

◯野家は牛丼が主力商品です。
ターゲットは肉体労働者や学生
そしてサラリーマンです。

 

対して

す◯屋は
牛丼も商品としてはありますが、
他のメニュー(商品)の充実度を図りました。

 

ターゲットも
ファミリー層に向けました。

 
ですから
◯野家:牛丼
す◯家:メニューの幅広さ

このようにウリの商品などに特徴を持たせて
経営していたんですね。

 
しかしウリを作った、す◯家は牛丼では◯野家と戦う事になっても
他のメニューで売り上げを伸ばすことができます。

こうして片方では牛丼戦争と言っていながら
着実な売上高を伸ばしていったす◯屋。

 

売上の規模は圧倒的にす◯家の方が多いです。

 

牛丼戦争の最新情報は
↓↓↓↓
http://kuniomi.com/archives/1588

 

この戦いで事実上
縮小を迫られているのは◯野家です。

 

だから今度は◯野家が
チョイ飲み市場にポジションをズラしてきたのです。
(居酒屋の市場です。)

 

ここまでは大手企業の話。

 

私には関係ないと思っていませんか?

 

集客の大変さは分かっているけど
利益を伸ばせないでいるんですよね。

 

この「ポジションのズラし」という概念。

 

ぜひあなたも
お店に落とし込んでくださいね。

 

ポジションが取れるようになると
価格の主導権はあなたのお店となります。

 

コレって大きくないですか?

 

なぜなら他の競合店では真似ができないからです。

 

そうすると、、、

 

今までチラシの反応率を上げるのに
値引きをして集客していたとしても
もう値下げ集客はやる必要はありません。

 

FAXDMだって
ポータルサイトでも同じです。

 

つまり、
・チラシをやる。
 

・FAXDMをやる。
 

・ポータルサイトに値下げ集客をやる。
 

こういった集客方法とは
無縁になります。

 

ここで付け加えておきますが
チラシやFAXDMで集客する方法が
悪いと言っているわけではありませんよ。

 

私がお話ししているのは

 

=================
チラシなどの集客方法をやる以前の
問題から見直ししていきませんか?
=================
つまりもっと前の段階での話です。

 

こうして根本的に変えていかなければ
どんなにこだわって頑張っていても
また元の値下げ競争に戻ってしまいます。

 

さらにさらに!

 

ポジションが決まることで
お客様の方から

 

「このお店に来てみたかったんだ。」

 

と言われるようになり
もちろん商品は定価で購入してくれます。

 

どうですか?

 

こうして高収益、高単価にできるんですよ。^^

 

そして高単価、高収益になりやすい施策としては
WEBによる集客法が一番やり易いと私は思っています。