小林です。

 

飲食店や美容室で店前に
看板を出していると思います。

 

私はよく街を歩いていて
見かける看板があります。

 

それは、、、
お店のメニューを
ただ貼り付けているだけの
飲食店。

 

美容室も同じなんですが

カット  ◯◯◯円
シャンプー ◯◯◯円

など
〜〜〜〜〜〜
商品名+価格
〜〜〜〜〜〜

 

と表記している
お店がどれだけ多いことか、、、

 

確かに価格は
お客様にとって大事ですよね。

 

実際に価格の部分を見ますが
でも、よく考えてみてください。

 

商品名+価格
の情報しかないのに

「うちは安いメニューしか出ない。。。」
「他のお店はもっと安い価格を表記しているから
うちも安くしないと。。。」

 

心当たりありませんか?

 

実は以前の私がそうでした。

 

周りのお店ばかりに目がいってしまって
肝心の自分のお店の価格に対して価値を
気づかないで下げてしまっていました。

 

頑張って試行錯誤し開発した商品なのに
価値を下げてしまっては元も子もないですよね。

 

ではどんなメニュー表記
あなたのお店の価値を下げずにできるのでしょう。

 

まず

メニュー表記ですが
表記の仕方を変えてください。

 

例えば飲食店

普通に
「牛肉の煮込み」
と表記するよりも

 

「8時間コトコト煮込んだ牛肉のトロトロ煮込み」

 

と表記した方が同じ値段としても
この商品の価値がグンと上がりませんか?

 

美容室でも同じです。

普通に
「カット」
と表記せずに
より具体性を持たすことで
グッとお客様の目を引き込めます。

 

「サラサラ髪。女優のような髪の毛にカット」

など
あくまでも一例ですが
メニューを見ることでお客様が
興味を持ち。

想像できる。

価値を感じる。

 

こんな流れであなたの商品は
価値が出てきます。

 

どうですか?

 

ただ
メニュー+価格
より価値が出ていませんか?

 

はじめは中々思い付かないと思います。

 

でもこの上記の原理が分かることで
他店舗とのメニューの差別化を
図ることができるんです。

当然ですが客単価アップにつながります。

 

それに飲食店。

仕入原価が掛かりますよね?

 

一番やってはいけないのは
原価に価格を反映させてしまう事ですよ。

 

原価に対しての値決めをしてしまうと
肝心の価値にまで目がいかなくなってしまうんですね。^^

 

今日は私が実際に実践しているエクササイズをお教えしたいと思います。

 

例で飲食店にしましたが
仕入れをしている実店舗すべてに使えます。

 

このエクササイズを毎日繰り返す事で
あなたの想像を超える価値の発見につながります。

 

ステップ1
あなたのお店でしか味わえない事を
書き出します。
(商品、サービス、内装、スタッフなど)

 

 

ステップ2
ステップ1で書き出した事を
複数掛け合わせていきます。

 

 

ステップ3
掛け合わせた商品の名前を考えます。
ここのポイント!
具体的にする事

 

 

ステップ4
価格を決めます。
(原価から計算しない事)

 

たったこれだけで今の店前看板メニューより
興味を引く事ができるメニューに変える事ができます。

 

この作業。。。

「面倒くさいな。」

「本当に変わるの?」

「それより価格を下げた方が
早んじゃない?」

 

と思っていたらあなたのお店の価値は
上がるどころか逆にどんどん下がって
いってしまいます。

 

ぜひ実践してくださいね。

 

応援しています。