小林です。

 

売ることに躊躇しているお店が
意外に多いんだなぁと感じました。

 

私たちは商売をしているので
売るという行為が苦手では
商売としては成り立たないんですね。

 

 

実はお店を営業して
一番大事な部分が
この「売る」という事です。

 

商品の出来やサービスも
大事だと思うんですが
この「売る」ができなければ
当然売れませんよね。

 

実は売るには売り方というのが
あるって知っていましたか?

 

売り方が分かると商売が楽しくなってきます。

そりぁそうですよね。

 

あなたのお店の商品やサービスを
買ってくれるようになるわけですから。

 

多くのお店では売るという行為が
本当に苦手だなと感じています。

 

もしかして
売る事が嫌いなのかな?
なんて思う事もしばしば見受けられる
お店もあります。

 

お客様が勝手にあなたの商品やサービスを
買ってくれるなんて思っていませんか?

 

待っているだけでは、お客様は買ってくれません。

それに
あなたの商品やサービスの良さも
理解してなく偶々購入した方です。

 

実はお客様は
仮にあなたのお店の商品やサービスが
いいなと思っていても中々購入してくれないです。

 

あなたもきっと
経験があるのではないでしょうか?

 

例えば飲食店に友人と入店して
注文を取る際にホールスタッフが
「うちのお店はどれも美味しいですよ!」
と言っていました。

 

そう言われたらあなたはどのように
料理の注文をしますか?

 

この場合にはホールスタッフが
キチンと売ることでお客様を迷わせずに
売る事が可能になりますよね。

 

もしホールスタッフに売る力がない場合
あなたならどうするでしょうか?

 

そうですよね。

 

メニューブックに「オススメ」と入れたり、
popでご案内してもいいですよね。

 

でも、オススメとだけ書いても
押しが弱いんですよ。

 

オススメと書いてあるお店は
他にもいっぱいあると思います。

 

だから、売るという部分を
もっと強化する必要があるんです。

 

例えば

「ご来店のお客様8割の方がご注文のオススメ料理」

みたいに、
ただ、オススメと書くより
もっと強くオススメしている事になりませんか?

売る事で売る上げアップしますよね?

 

理解できたでしょうか?

 

つまり売る行為というのは何も無理やり押し売りをするのではなく

 

お客様が迷っているのを「誘導してあげる」事なんです。

 

ここが分かると、今までよりも売上アップします。

 

そしてもっと売りたいという
あなたは思ってくる事でしょうね。

 

いいんですよ。

 

そのために商売を
しているんですから。

 

だから
売る事は悪い事ではないんです。
^^^^^^^^^^^^^^

 

売るのは商売をしているから当然の事ですし
世の中売る事で成り立っていますからね。

 

今日は「売る」という事に対して
億劫になっているオーナーさんが多いな
と思って記事にしてみました。

 

しかし、今日はどちらかと言いますと
売る手段的な内容でしたよね。

 

実は売る手段よりもっと大事な事が
あります。

 

機会があれば手段より考え方を
記事にしていこうかなと思っています。