小林です。

 

あなたにお聞きしたいことがあります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
日報を付けていますでしょうか?
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

もし付けていればこれから説明する事を参考にしてください。

 

そしてもしあなたが日報を付けていないならば
この記事はかなりタメになると思います。

 

 

このまま読み進めてください。

 

 

実店舗を経営していて
一人や二人でお店をやっている所は
日報というのをつけていないお店が
多いようですね。

 

結論から言いますと

日報はつけたほうがいいです。
^^^^^^^^^^^^^

 

「わかっているんだけどさ〜」

「めんどくさいしな〜」

 

そんな声が聞こえてきそうなので日報の重要性を説明しますね。

 

日報とはどういったものなのか知っていますか?

 

1日の売り上げを計算した物から原価や掛かった経費も計算に
入れる方法とあるんですよね。

 

ちなみにですが

===============
私は1日の売り上げ計算は毎日。

食材原価を含めた計算は週単位。
===============

で管理しています。

 

 

1日1日の売上の把握は非常に大事です。

 

 

仮に今月が売上が足らなかったりした時に
例えばメールなどで既存のお客様を呼んで売り上げにする事も
可能だからです。

 

 

そして週単位の週報と呼ばれるものは
経費を入れた計算をしていきます。

 

なぜ?
週単位で経費を計算するのかと言いますと

お店は日報だけで
今後の経営状況を判断する事が難しく。

 

仮にですが

雨の日や閑散期などは集客自体が厳しくなるので
日報だけを見ていると逆に焦ってしまうからです。

 

「今月ヤバイどうしよう。。。」

なんて事には
なりたくないですしね!

 

 

週報は仕入れなどを主にコントロールする時に重宝しています。

 

 

今週は仕入れが多すぎたかなと思えば次週は仕入れを
少し抑え気味にしていけば月間で最終的に見た時に
キチンと利益を取る事を事前にコントロールできるからです。

 

 

最後にまとめますと

私は

 

日報=売り上げを見る。

 

週報=売り上げに対して仕入れがどのくらいかを見る。

 

月報=トータルで確認する。

 

こんな事を毎月行っています。

 

そして週報の時点で
今月このくらい利益が出そうだなと思うと
翌月分の販促費に回したりしています。

 

ぜひ私のやり方を参考にして
あなたもお店の経営状況を
把握してくださいね。