小林です。

 

販促物を自分で作る事ができれば
集客もコントロールできるようになります。

 

実店舗を経営している方は
どちらかというとスタッフに任せたり
外注したりと自分でやらない方が多いようです。

 

ここを面倒くさがってアル事件がありました。

 
それは、、、

 
私の友人は実店舗飲食店を経営しています。

お店の規模は20席。

20席といえばこじんまりとして
いいお店なのですがとにかく販促をしないんです。

 
販促をしないにもかかわらず
私の所に連絡してきて集客状況を聞いてきます。

 

 

答えられる範囲で答えてましたが

ある時私はこう言いました。

「◯◯さん、販促大事だと思うんなら自分でやってみたら?」

 

「販促をどうやっていのか分からないし、
それより必ず集客できるならやってもいい。」

 
おいおい上から目線かよ!

と私は思いました。

 

あなたがもし私の友人のように考えているならば
店舗経営自体が難しくないですか?

 

販促は店舗ごとで条件が違うので
必ず集客できるとは限りません。

 

だからと言ってやらない理由を人のせいにして正当化している。。。

 

販促にお金をかけたくないのなら
自分で作るしかないのに
(時間はかなり掛かってしまいますが。)

 
結論から言いますと結果が出るまでは
自分で作ることを強くススメます。

 
なぜかと言いますと

 
自分が分からなければ
外注したりスタッフに任せても
より良い結果は得られないからです。

 
より良い結果というのは
どういう事なのでしょうか。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
集客をして売上を上げる
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ですよね。

 
売上を安定的に上げるためには
初めはスタッフ任せにはできないし
ましては資金のかかる外注も難しいです。

 
なので必ず経営者自ら販促は行って欲しいと考えています。

 
私自身も販促は自分で全てやります。

 
一部はスタッフに委任はしますが
チェックは必ずするようにしています。

 
どんな事をチェックするのかと言いますと

・伝えたいことはキチンと伝わっているのか。

・オファーは適切なものなのか。

 
この2点を重視しています。
伝えたいことはキチンと伝えているのか。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
ですが
かなり重要です。

 

 

まずあなた自身がお客様目線になり
伝えたいことを簡潔にまとめられているのか

 

ここを判断します。
修正箇所は指示をして直してもらいます。

 

 

次に
オファーは適切なものなのか。

オファーという言葉耳慣れないかもしれないですが
要は提供条件です。

 

 

例えば飲食店で
宴会のチラシを作ったとしましょう。

 
==================
宴会を1週間前にご予約いただいた方
幹事さんが次回ご利用の際
2000円割引券をプレゼントします。
==================

予約と引き換えの提供条件のことを言います。

 
このオファー適当に考えている
店舗が多いですがかなり大事です。

 

オファー次第で制約(予約)に繋がります。

 
上記の2点かなり大事なので
経営者であるあなたが
必ずタッチするようにしてくださいね。