小林です。

 

お店を経営していると必ずと言って嫌なお客さんに出合うと思います。

 

実はどんな仕事をしていようとも必ず一定の確率で嫌なお客さんはいます。

 

嫌なお客さんに対して
あなたはどのように対処しているでしょうか?

 

「知らんぷりを決め込む」
「帰ってくれと言わんばかりな態度に出る」

 

お店にとって嫌なお客さんとは一体どんなお客さんなのでしょうね。
このように聞くとハッキリと答えられる経営者さん以外と少ないんですよ。

 

つまり・・・一時の感情

「嫌なお客さん」
と決めつけているのではないでしょうか?

 

誤解して欲しくはないんですが

嫌なお客さん=クレームばかりいうお客さんではないです。
クレームを言われるのは確かに経営者として
腹立たしいし、正直ムカつくと思います。

 

私も以前、お客様にこんなことを言われました。

 

「以前行ったお店はこんなにサービスがあって何皿も料理を無料で出してくれたの、
ここのお店はそういうサービスってないの?」

 
(私が経営している業態が飲食店なので料理となっています。)
なにそれ!って思いませんか?
私はそのお客さんには帰ってもらいました。

 

私は人の足元しか見ていないお客さんは
お客さんとは思っていないからです。

 

あなただったらどのように対処しましたか?
私たちは店舗を持ってビジネスをしています。

 

商品は売り物です。

 

 

その価値が分からないお客さんは相手をしたくないし来て欲しいとは思いません。

 

 

〜〜〜〜〜〜〜
お客様は神様だ
〜〜〜〜〜〜〜

という認識のズレがあるんじゃないのかなと私は感じました。

 

お金を払うから自分は偉いという考えではその人間の質もしれていると思っています。

 

それよりも、私たちのやっていることに
価値を感じてくれて、お金もしっかりと払ってくれる
お客様を大事にしていかないと先ほどの例で挙げたお客さんを
相手にしなければいけなくなってしまいます。

 

商売とはそういうものだと思います。

 

「誰でもいいからこの商品買ってくれ!」

と言ったら安く買い叩かれてしまいますよね。

つまり価値を感じていない人に
売ろうとするから安くしないと売れないのです。

 

そうではなく。

店舗を持って経営していることは
立派なビジネスです。

 

だからこそ私は
「お客様の像を明確にしてください。」
とお伝えしているのです。

 

あなたがもし、
「誰でもいいからお店に来てくれ!」
なんて思っていたら、
とんでもないお客さんに料理を食べるのではなく
お店を食べられてしまいますよ。

 

ではどうしたら嫌なお客さんは来なくなると思いますか?

 

一番は価格を上げること
なんですね。

 

そういうと
「小林さん価格を上げたいんだけど
上げたら他の優良顧客も来なくなってしまいますよ。」

 

決まってこんな答えがいつも返ってきます。

 

価格を上げるには実はアル方法があります。

その方法を使うことによって
嫌なお客さんを排除することができます。

 

その方法とは一体どんな方法だと思いますか?

 

新規客と既存客に対してサービス内容を変える。

たったこれだけです。

 
多くのお店は、値下げをして集客しようと考えています。

その逆を行くのです。

 

つまり

値段だけに反応をしているお客さんは
なるべく来ないようにしてしまうのです。

 

コレが一番効果がありますので

ぜひ検討してみてくださいね。