小林です。

今、来月に外部講師として登壇する
WEB集客(ポータルサイト)
コンテンツを作成しています。

 
飲食店に代表する店舗型ビシネスは
今後益々、WEB集客が必須になってきます。

 
スマートフォンが普及してお客さんがその時その場で
行きたい店舗を検索そして来店する。

 
つまり、、、
前もって予約もするけど、その時その場で自分たちの
行きたいお店を検索して来店する。

 

このようなお客さんの行動が今後もっと加速していきます。

 
あなたのお店はその対策はできているでしょうか?
私たち店舗型ビジネスはもしかしたら
お客さんよりもWEBに関して
知識が足らないかもしれません。

 

だからこそ、WEB集客を
勉強する必要があると思っています。

 

店舗情報を出してお客さんに来てもらうのに
そもそも自分がWEBについてわからないと
集客自体が厳しくなるのは必然だと思います。

 

WEB集客の中でも比較的簡単に集客でき
結果が出やすいのが「ポータルサイト」と呼ばれる
サイトからの集客です。

 
しかし、多くの店舗経営者様は必要に駆られて
ポータルサイトに登録はしたけど
肝心の集客まで手が回らないというのが
現状なようです。

 

ここで、私たち店舗経営者の
大きな誤解があります。
それは、、、

「登録した日から集客ができる」

 
という勘違いです。

 

ポータルサイトは他の同業他社も登録して
わかりやすく言うとネット上の大きなモール
のようなイメージです。

 

その大きなモールの中で、ただ出店しただけでは
お客さんってこないですよね?

 

・看板を出したり
・お店のウリを伝えたり
・どんなサービスを提供しているのか伝えたり

 

色々な事を打ち出さないとその大きなモールの中でお客さんは
あなたのお店の存在を気がつかないと思います。

 

つまりポータルサイトは
ただ登録しただけでは集客できないのです。

 

ではポータルサイトからの集客
どのようにしたらいいのか
詳しく説明すると複雑にななってしまうので
この記事では2点に絞りました。

 

まず一つ目は
最低限ポータルサイト側から求められている
最低限の情報を埋める必要があります。

 

そこがポータルサイトからの集客からの
スタートラインだと思ってください。

本気で今後WEb集客を取り組むのであれば
まずは有料会員になる事です。

 

そしてもう一つは
写真を効果的に使う。

私たちにような店舗を構えて
商売をしていると
どうしても写真の情報が大事になってきます。

 

あなたも経験があるのではないでしょうか?

ポータルサイトの食べログにアクセスして
文章よりも写真を見て

「ここのお店雰囲気良さそう」
「このお店で宴会したら良さそう」

 

ホットペッパービューティーでも

「このモデルさんの髪型スタイルにしてもらいたいな」

「こんな雰囲気で髪を切る時間を過ごせたらいいな」
写真はできるだけポータルサイトにアップしてください。

 

写真をポータルサイトにアップしただけで
予約が入ったという事例もありますので
まだ何も手をつけていないのであれば
写真のアップはやったほうがいいでしょうね。

 

初めWEB集客に挑戦すると
どこから手をつけていったらいいのか
分からないと思います。

 

しかし、少しずつ結果が出てくるので
徐々にわかってくるともいます。

やはり行動ですね!

 

ぜひやってみてください。