小林です。


「あんな店潰れてしまったらいいのに」
なぜかこんな気持ちになったことってありませんか?


以前の私は、他の繁盛店を見ると
必ずこのように思っていました。


でも今考えると、
繁盛店が潰れるわけないですよね。苦笑


繁盛しているのは
「お客さんに支持されている」
という事です。


私は、
「なぜお客さんに支持されているんだろう」
と考えました。


繁盛店がなぜ繁盛しているのかを
分解してみていくことにしたんです。


分解していく中で、
アルこともわかりました。


「お客さんを大事にしている。」
当たり前ですよね。


自分では分かってはいるつもりなんです。


しかしどのような方法でお客さんを
大事にしていいのか分からない。


私はそんな気持ちでいっぱいでした。
そこで、繁盛店がどうしてお客さんが
来店しているのかという事を課題にして
紙に箇条書きで書いていきました。


・客席数40席
・ホールには20代の女性が2人(未経験者)
・注文してから料理の提供時間10分
…こんな風に


しかし、いくら箇条書きで書き出しても
繁盛店が繁盛している理由が分かりませんでした。


私は外からつまりもう少し大枠から
繁盛店を見ることにしました。


・カテゴリーはステーキ屋
・ボリュームがある料理が多かったかな。
・スタッフはフレンドリーで話しやすかったかな。
こんな感じで…


続けていくうちに、少しずつ見えてきたんですよね。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
繁盛店が他店舗との差別化をしているポイント
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


店舗オーナーが気がついていないのですが
この差別化ポイントがあなたのお店にあると
WEB集客だって、チラシ集客だって、
店前看板集客だって
結果的に集客ができてしまいます。


そのくらいこの差別化ポイントを見つけると
他店舗との差ができてあなたのお店が目立つようになります。


目立つと当然集客力が上がり売上がアップします。


さて、、、前置きがだいぶ長くなってしまいましたが
WEB集客(ポータルサイト)も同じなんですよね。


お客さんはWEBページを見ることに慣れています。


だからこそ、あなたのお店独自の差別化ポイントで
他店舗との競争に差をつけなければ
お客さんはあなたのお店を選ぶ事も
そしてあなたのWEBページを見る事もないでしょう。


そのポイントが分からないが故に価格競争に巻き込まれて
利益を削り続けて営業しなければ
集客できない状態になっているお店多いです。


「WEB集客の方が差別化しやすい」
こんな話をしたと思います。


お店の強みを出しやすいのがWEBなのですよね。


よくこんな文章を書いている店舗があります。


「落ち着いた雰囲気の隠れ〇〇」
美容室のページにも似た様な文章があると思います。
この落ち着いた雰囲気という言葉
もう少し掘り下げてみてください!


どんな風に落ち着いているのか?
落ち着いた雰囲気だからどんな体験ができるのか?


隠れ家という言葉は今や死後になりつつあります。


いかがですか?


お客さんは落ち着いた雰囲気という言葉は
見飽きています。


今からポータルサイトで探せば
似た様な言葉を書いているお店が
どれだけ多いことか。笑


なので、あなたはその言葉をもっと深掘りしてください。


落ち着いた雰囲気だからどうなのか?


ぜひこの問いに答えてみてくださいね。