小林です。

 

ポータルサイトやWEBページからの
インターネット予約機能をうまく使えていますか?

 

私はいち早くインターネット予約システムに
目を向けていたので早い方だと思います。

 

インターネット予約システムを
導入して思ったことがあります。

 

==============
予約をしていくお店には有効
==============
詳しく説明すると例えばラーメン屋や
蕎麦屋はそもそも予約をしていかないですよね。

 

だからと言ってラーメンがダメだ、
そばがダメだ、ではないですので
最後まで読んでいただければ嬉しいです。

 

話を戻すと予約をしていく、つまり席を抑えるということに
価値を感じさせているお店。

 

お客さん側からすると予約しますよね。

 

しかし、私は予約システムをただ導入すれば
お客さんが予約をインターネット経由で
してくれるとは思っていません。

 

お客さんが、
この店予約しないと席がなくなってしまう。

 

人気店だから席を押さえておかないと。

 

この美容室。

次から次へと予約でいっぱいになってしまうから
予約で押さえておかないと。

 
とまぁ
お客さんはこんな風に考えています。

 

だから私は。

 

WEBページ自体に情報が少なすぎる店舗や
嘘偽りのある情報、更新をしていない店舗
このような店舗はインターネット予約をするお店から
除外されてしまうと思っています。

 

ネットは怪しい・・・

 

もしかしてあなたは思っていませんか?

 

もし怪しいと思っているのならあなたのお店のお客さんも同じように思っています。

 

私たちは商売をしている時点で情報をもらう側ではなく
何らかの情報をお客さんに発信する側です。

 
なので、

 

お店の情報が違ったり、

 
更新していなかったり

 
どんなお店か明確にしていなかったり

 
このようなお店の事って信じられるでしょうか?

 

お客さんも
インターネット予約をしていく上で
チェック項目があるんですよね。

 

このチェック項目を埋める事で
ネット予約が入りやすくなります。

 

店舗側としてはネット予約をどのような位置付けで
活用したらいいのか考えていると思います。

 

そしてもう一つ
インターネット予約のニーズはわかっているんだけど
いま一つ踏込めない事がある店舗が多いようです。

 

 

それは
「キャンセルの扱い」
です。

 

予約をして席を確保したのに

 
時間になっても来店しない。

 
気になって電話をしてみても繋がらない。

 
やっと繋がったなと思ったら
今度は適当にはぐらかされたりしてくる。

 
あなたもきっとこんな経験をしたと思います。

 
私も同じようにしました。

 

私がキャンセルポリシーの話をした途端に、
逆ギレしてきたり消費者相談センターに通報する。などと言われ。

 

予約をしたのはお客さんなのに、
「なんで自分が逆ギレされなければいけないんだ」
と悩んだこともあります。

 

今でも、たま〜にそんなお客がいますが
最近はメッキリ突然のキャンセルを言うお客さんも減りました。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜
キャンセルポリシー
〜〜〜〜〜〜〜〜〜

もしあなたがインターネット予約を
本気で考えているなら導入した方がある程度の抑止力となります。

 

それにどの道キャンセルを考えている
お客さんには正直予約もして欲しくない。

 

こんな風に私自身考えています。

 
かなり強気ですよね。
強気でいいんです。強気で。

 

本当に予約をしたいんなら
電話で予約をしてくるはずですから、、、

 
私はこんな考え方で
インターネット予約を使っています。

 
現在1ヶ月あたりのインターネット予約数は
少ないときで80件くらい
多いときで150件くらいですね。

 
それと電話でも予約が入ってくるので
インターネット予約を上手く活用できれば
この上なく便利ですよね。

 

あなたのインターネット予約を上手く活用して
予約数を安定的にしませんか?

 

小林くにおみ