悪い口コミといい口コミ

小林です。

 

ポータルサイトの店舗ページにある
口コミによる集客
かなり大きな集客力があります。

 

今の時代、何か食べ物が欲しかったら
コンビニでサンドイッチも買えるし
喫茶店でサンドイッチも食べることができます。

 

髪を切りたかったら男性は美容室でなく
理容室だって選ぶことができるわけです。

 

つまりお客さんは、
==================
あなたのお店を利用する理由がない限り
利用することはない。
==================

 

それだけの店舗の数が今の日本には存在しているんですね。

 

海外旅行に行くと、どんなに日本が恵まれているのか
わかると思います。

 

 

ヨーロッパなどを旅行して困るのが
「トイレがすぐに見つからない。」

あなたはヨーロッパ旅行に行って
そんな経験はないですか?

 

私はヨーロッパに住んでいましたが
住んでいてもトイレがない不便さには
どうしても馴染めませんでした。

 

日本はトイレは
併設している店舗が多くあります。

 

困ったらコンビニのトイレを借りたりできますよね。
(たま〜にトイレを貸すのを嫌がるコンビニがありますが)

日本はそれだけ物やサービスが充実していて
恵まれている国なんですよね。

 

しかし反面、
物やサービスが充実しすぎてしまって見えないことがあります。

===
飽和
===

手軽に好きなものを手に入れることできたり
好きな所に行ける便利さがあるということは
それだけ日本は充実しているということです。

 

それだけ充実して商品やサービスがあり
一定のニーズを満たすと
今度は飽和という状態になっていきます。

 

都内の美容室は日本全国のセブンイレブンの
店舗数よりもい多いと言われていますよね。

 

そんなひしめき合っている状態の中
私たちは店舗経営をしているんですよ。

 

お客さんはひしめき合っている店舗を
どこのお店が自分にとっていいのか見定めています。

 

そして
お店を探しているお客さんの背中を押す役割が口コミです。

 

自分と同じようにお店を探している
全く知らない方の口コミ投稿を見て
「ここ良さそうだからこのお店にしよう。」
と思ってくれて予約が入ります。

 

 

ここで口コミ投稿に関して
私たちは大きな誤解している部分があります。

それは、、、

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
いい口コミばかりでは信頼されない。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

いい口コミはお店側にとって欲しいですよね。

 

でもよく考えていただきたいんですが
いい口コミばかりのお店と
いい口コミもあれば悪い口コミもあるお店
どちらの口コミが信じられますか?

 

そうなんです^^

 

悪い口コミがあるから
いい口コミが活きてきますよね。

 

だから、もし、あなたのお店に悪い口コミがついても
あまり気にしないほうがいいですよ。

 

私のお店でこんなことがありました。
飲食店の話ですが全てのお店に言えることです。

 

ポータルサイトに投稿された口コミが
悪いことを書かれた口コミでした。

 

その口コミを見てお客さんが来店してくれました。

悪い口コミが本当かどうか自分の目で確かめたかった
とそのお客さんが言ってました。

 

実際に私のお店に来て
料理を食べて体験したところ、、、

「全然口コミと違うよね。」

「私はこのお店の味や雰囲気が気に入った!」

と言って
いい口コミ投稿をしてくれました。

この話を聞いてどう思いますか?

 

 

意図的に口コミを促すのは良くないですが
お客さんが悪い口コミを見て
気になり来店して自分の目で確かめて
よければお店のファンになってくれる。

 

これって実はお店のリピーター獲得には
非常に大事なことなんです。

 

悪い口コミがあるからあなたのお店の良さが光る。

このように思って日々の営業を
頑張っていきたいですよね。