小林です。

 

先日私のお店に一緒に勉強した
仲間の飲食店経営者が遊びに来てくれました。

1年半ぶりに会ったんですが
かなり忙しそうにしていました。

 

彼は現在岡山県で飲食店を経営していますが
今月には同じ岡山県内でもう一店舗開店するそうです。

 

さらに、沖縄でもお店をやるみたいで
ものすごいバイタリティーで
突き進んでいました。

 

久しぶりに友人と会って思った事があります。

 

それは、、、
「前に突き進んでいる経営者はオーラがある」

という風に感じました。

 

経営者は開業から数年は
自分のお店に付きっ切りになる方が多いです。

 

付きっ切りになり会社や店舗のしくみ作りに没頭していきます。

 

この仕組み作りが上手く回りだすと
経営者は就業時間の半分は
外に出れるようになります。

 

外に出るといろんな異業種の方と知り合い
自分の事業の可能性は再確認しながら
視野を広げていきます。

 

そしてここからです。

 

完全に自分がお店から抜けても仕組み作りをしているから
急に売上も下がることがなくなるので安心して次の事業や店舗を増やす。

 

このようなサイクルで会社やお店は大きくなっていきます。

 

私は店舗展開を進めているわけではありませんが
中長期計画を出して行動していく
店舗型ビジネスをしていく上で
大事な視点だと思っています。

 

はじめに話した私の友人は既に最後の部分。

 

自分がいなくてもお店、会社が回る仕組みがあり。

 

次の事業にどんどん着手してますよね。

 

人それぞれの考え方があると思いますが
先を見て計画を立てて行動していく。

 

これって何よりも大事な事だと思いませんか?
実は、私も昼(ランチ)はお店に出ません。

 

ディナータイムはたま〜にお店にいるようにしています。

 

お店に来てくれた常連様と話したり
また次に来店してくれるよう繋ぎとめるためです。

 

それも時が来たら終わりにしようと考えています。

 

私はこの計画を作りここまでくるのに1年半かかりました。

 

それまでは、ひたすら店舗のフレーム作りをしていました。

 

フレームって分からない概念かもしれないので
先に説明しますと、

例えばトヨタ自動車

 

トヨタ自動車はフレームが
キチンとできていますよね。

 

誰が入社しても一定の社員教育があり
教育を受けた社員は会社の決めたフレームの中で
最大限能力を発揮していく。

 

フレームとは用意された枠です。

この枠の中でスタッフには
能力を最大限に発揮してもらえるよう
環境を作っていきます。

 

フレームがある会社とフレームがない会社では
全く安定感が違います。

 

フレームの概念が経営者にないと
自分ではいいと思い込んで
違うことをやってしまい。

 

余計に忙しくなってしまい利益が取れない、
なんてことがあります。

 

フレームがある会社やお店はフレームの枠の中でどのようにして
この商品を売ろうか、こうやったら売れるよね。

 

こんな事をスタッフ同士で決めていくことができます。
私自身それをスタッフに推進して実際にやってもらっています。

 

もちろん、悪い結果が出た場合の責任は
社長である私が取ります。

 

社長がフレームの中に入って仕事をしていたのでは
会社やお店の売り上げは伸びません。

 

スタッフと同じ視野になってしまいますからね。

 

そうではなく広い視点を持ってフレームを作り上げ
あとは微調整くらいにしていけば
スタッフも安心して色んな売り上げアップの案を
出して実行してくれます。

 

どうですか、この仕組み欲しいと思いませんか?

 

この仕組みを作り上げる仕事こそ
あなたの仕事なんですよね。

 

頑張ってください。