小林です。

今日は新しいテーマで
話していきたいと思います。

繁盛店とそうでない店舗の違いです。

繁盛店でない店舗のオーナーさんには
ある共通点があります。

 

========================
自分の作りたいものを作っている
========================

これは商品だけではなくサービスも同じです。

今まで、雇われでずっと自分のやりたいことを
してこなかったからその反動で、
自分の店なんだから自分のやりたいことをやる!

その心意気は素晴らしいと思います。

 

しかし、雇われだったお店は
どうだったでしょうか?

きっとあなたの給料もキチンと出ていて
利益も出ていたのではないでしょうか?

 

店舗ビジネスは立派なビジネスです。

 

以前のお店のやり方に不満があったから
もしかしたら、あなたは自分で開業する
という決心したかもしれません。

 

以前のお店で

「俺だったらこうするのにな〜」

「お客さんにこんなに払わしていいのかな〜」

「この商品、サービスを提供してこんな値段がするなんてボッタクっているよな〜」

このように思ったかもしれません。

 

しかし、以前勤めていたお店は
キチンと利益を出して繁盛している。

 

もしかしたら、以前の店舗のオーナーさんは
やりたいことを形にしたわけでもないかもしれません。

立地やお客さんの行動、どんな商品や
サービスを求めているか考えた上で、
今の商品、サービスを考え出したのかもしれません。

 

では繁盛店のオーナーさんはというと

まず考え方が違います。

店舗型ビジネスをキチンと
ビジネスとして捉えています。

だから、お客さんの行動や要望をよく見ています。

 

自店舗あったお客さんはどんな人なのか
また、お客さんはどんな事を求めて
自店舗に来店してくれているのか
ここを考えて形にしています。

 

このような話をすると
一定数のオーナーさんは

自分のやりたい事をやって何が悪い!

自分の店なんだから自分でお客さんを選ぶ!

こんな事を言います。

 

 

果たしてその考え方であっているのでしょうか?

雇われの時は自分のやりたいことはできませんよね。

雇われているんですから。

 

でも自分でお店を持てばそれができます。

 

できますが、お客さんが来店してくれる。
つまり繁盛店になる。

とは同じではないですよね?

 

 

あなたはどちらを選びますか?

このまま自分のやりたいようにお店を経営していく。

それとも、お客さんの要望や願望を察知して
商品やサービスを考えていく。

この決定が経営に大きな差になります。

ぜひ考えてみてくださいね。