小林です。

 

現在、繁盛店とそうでないお店の違いを
テーマにお届けしています。

 

はじめに言いますが飲食店や美容室に限らず
全ての店舗型ビジネスに通ずることです。

 

ぜひ、そんな目線で
読み進めて頂ければと思います。

 

雇われから念願の独立開業をしたのはいいいのですが、
実は開業から3年以内で4割以上の店舗が潰れてしまっているのを
知っていましたか?

 

5年で6割が潰れ、
10年で8割が潰れてしまうと云われています。

 

そんなに多くのお店が
なぜ潰れてしまうのでしょうか?
詳しく説明しますね。

 

前回の記事でも説明したのですが
利益を出すお店の真似をしていないために
経営が苦しくなり閉店してしまっています。

 

自分のやりたいことでなく
お客さんがどんなことを望んでいるのか
ここを考えて商品、サービスを考えていないため
自分のやりたいことを優先している結果なのですね。
そして、、、

多くの店舗オーナーさんはやりたいことを優先する店舗の
真似をしてしまっています。

 

たま〜にマグレで自分のやりたいことをやって
繁盛しているお店があります。

 

それはそれで凄いのですが
繁盛していて次に店舗展開をした途端に
潰れてしまったり撤退をしていませんか?

 

実はここに大きな落とし穴があります。
1店舗目はたまたま繁盛しただけで2店舗目を開店すると
1店舗目と同じようなことをしてしまうので
上手くいかないのです。

 

なぜでしょう。

 

繁盛の再現性がないからです。

 

繁盛している理由も分からないで
「俺のやっていることは正しい。」
と勘違いしてしまった結果なんですね。

 

はじめに話を戻しますが自分のやりたいことが
マグレで当たっただけで他の場所で成功するとは限らないのです。

 

さらに繁盛していないお店の真似を
しているお店があります。

 

「この商品いいな、うちでもやろう!」
「このサービスいいな、うちでも早速取り入れよう!」

 

こんな経験が誰しもあると思います。
しかし、その商品は本当にあなたのお店に来店する
お客さんが望んでいる商品ですか?サービスですか?

 

商品を真似してもほとんど当たることはないです。

 

しつこいようですが、あなたのお店にあった商品、
つまりあなたのお店に来店してくる
お客さんが喜んで買ってくれる商品でなければ
お客さんは買ってはくれないのですね。

 

ぜひこのあたりを考えて商品、
サービスを開発してください。

 

この考え方は全ての店舗型ビジネスで
使える方法です。

ここを明確に考えられないと
繁盛したとしても
一過性の事で終わってしまいます。

 

きっとあなたならできます。

頑張ってくださいね。