今こそ他店舗の逆を行こう!

小林です。

 

今日も暑いですね。

この暑さでは食欲もなくなり
どこかで涼んで仕事ができたらいいなと
思っています。

 

私は夏は毎年夏バテをしてしまうので
食事などに気をつけて過ごしています。

飲食店は夏場のキッチン
本当に暑いと思います。

ご苦労様です。

以前の私はキッチンに閉じこもりだったので
夏になると自然にダイエットになっていました。><
(だから夏バテしたのかもしれませんね。)

 

今はあまりキッチンにはいないので
暑さから解放されましたが
それでも暑いなと感じています。

 

都心ではお盆休みになり多くの店舗が
休みを取っています。

 

あなたのお店は夏休みでしょうか?

 

私は他店舗が休んでいる時期は
あえてお店を開けるようにしています。

 

どうしてだかわかりますか?

 

答えを先に言うと
============
競合店舗が休みの日ほど
自分の店舗は繁盛する
============

つまり
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
お客さんが見つけてくれやすくなる。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
と考えています。

 

 

立地にもよりますが
都心部や地方都市などの店舗は
普段は他店舗との競争をしています。

 

だからこそ他店舗が休んでいるこの時期が
チャンスなんですよね。

 

このチャンスを生かすも殺すも
あなた次第というわけです。

 

逆に普段のなんでもない日に
お店を休んだりします。

臨時休業もします。

臨時休業をしてスタッフと他店舗にリサーチにも
よく出かけています。
(昨日も出かけていました。)

 

なんでもない日は、
競合店舗が普通に営業しているので
自店舗にとって、このタイミングで休んでも差して
集客の影響が出づらいからです。

 

でもこれって同じことが
他にも言えるんですよね。

 

==============
他の店鋪がやっていることを
あえてやらない。
==============

 

この考え方を大事にしています。

簡単にできて強力な集客法です。

 

ここであなたにお聞きしたいんですが

 

どうして他のお店と同じ営業時間に
しなければいけないんですか?

 

あなたは店鋪オーナーですよね?

 

ということは社長ですよね。

 

自分で全て決められる権限を持っていますよね?

 

でも他の店鋪と同じ営業時間、
定休日にしてしまう。

 

なぜでしょうか?

 

私は店鋪を経営していく上でいつも考えています。

=============
他の店鋪と同じにはしない。
=============

ほかの店舗と同じということは
例えばポータルサイトで
お客さんが検索をしていると
目立たないんですよね。

 

店舗の特徴はもちろん違います。

 

大事なのはそのお店がいつ営業していて
何時から何時までお店を開けているのか
ではないでしょうか?

 

だからと言って定休日は要りません。
と言っている話ではありません。

 

お店の定休日や営業時間を変えるだけ
集客ができることを、私は知っているので
あえて他店舗と同じことをしないんですよね。

 

店舗型ビジネス、特に飲食店は8月の集客は
都心になればなるほど難しいと思います。

都心に住んでいるお客さんは田舎に帰省したり
海外に旅行してしまいます。

つまり、ゴーストタウンのようになってしまうんですよね。

だから、私はその時期だけWEB集客を強化をしています。

お客さんはお店の選択肢が少ないので、普段来店しないような方まで来店してくれやすくなります。

 

あなたもだからこそ
他店舗の逆を行く
^^^^^^^^

 

この考え方が大事かなと思っています。

 

もし今お盆休みと取っているなら
来年のお盆でもいいし
正月でもいいので
他店舗の逆を行ってみてください。

 

意外な結果が待っているかもしれないですよ!