お客さんの動向を理解する必要性

小林です。

もしあなたがWEBで新規客を
どうしたら集客できるのかと
考えていたら今日の話は役に立つと思います。

 

新規客の動向を探っていく。

新規客とは文字通りあなたのお店に
初めて来店したお客さんです。

 

初めてなのであなたのお店が
どんな商品やサービスを提供しているかは
大体は分かってはいるものの
実際に購入してみないと不安です。

人は不安な生き物

人は誰しも新しいことに取り組んだり
体験することに対して不安になります。

それは私たち店舗型ビジネスのお客さんも
同じなんです。


初めてのお店に対する不安。


しかしそれを上回る期待感や好奇心などが
感じられると来店してくれるようになります。


飲食店の生存競争は熱を帯びています。


それを証拠に、年間どれくらいのお店が
潰れてしまっているのか。。。


年間で5万軒のお店が開業しています。


ものすごい数字です。


しかし、年間に6万軒の飲食店がつぶれています。


緩やかに外食産業が衰退しているのが今の現状です。


その中であなたのお店は1年でも長く生存していかなくては
なりません。


あなたはこんな場面を見たことありませんか?


狭いラーメン屋さんに長蛇の列ができている事を


なぜ長蛇の列ができるのでしょうか?


普通に考えたら他にもラーメン屋さんはあります。

しかし、そのラーメン屋さんだけが並んでいる。

これも先ほど話した事と同じです。

 

「人が並んでいるからあのラーメン屋さん美味しそう」

 

「絶対うまいに違いない!」

あなたも同じように思うのではないでしょうか。

 

これって同じ店舗型ビジネスを経営している私たちにも
応用すれば十分に新規客を惹きつけられますよね。

 

しかし応用が難しい。

あるセミナーの後
受講者の方にこんな事を言われました。

「小林さん、今日のセミナー分かりやすくて
参考になりました。すぐにやってみます。」

「いつもやろうと思うんですが落とし込むのが難しいんですが
どうやったらうまく落とし込むことができるのでしょうか?」

 

きっとこの記事を読んでいるあなたも
同じような経験があるのではないでしょうか?

 

このような質問をお受けすると
私は必ず以下のようにお答えします。

一度に全部をやろうと思わず
一つでもいいのでそれを諦めずに
実践していく。

これがシンプルなんですが最も重要な事なんです。

 

多くの方はいろんなノウハウを試したくなり
全て中途半端に終わってしまいます。

 

そこを少しだけ我慢してやり続けられる

大きな結果は初めから望まない。

私はここが大事なんだけどなと
いつも思っています。

 

お店の売り上げをよく2倍にしました5倍にしました。

なんて書いてあるのをよく見かけますが
売り上げを2倍にするのには
コツコツと積み上げて自然と2倍の売り上げになっている。

 

ことは潜在的に私たちは分かっている筈です。

だから
いきなり2倍になんかなりませんし、

売り上げが上がってきて初めは
1、2倍、1、3倍かもしれません。

これらを繰り返し、やっと2倍に到達する訳です。

 

そして本題の新規客の集客になるのですが
新規客の動向を理解してから
WEBページを作りこむ必要があります。

 

顧客動向が分からずにいくら作り込んでも
正直集客はできません。

 

あなたはお客さんの動向がわかる人間になってください。