飲食店クロスセル

小林です。

 

今年は台風の当たり年です。

台風の影響で、先日山手線が2時間ストップしました。

私は東京駅にいたのですが
どこにも動けず仕方なくメトロでの移動にしました。

 

多分、、、

東京駅では足止めされている人が多かったので
東京駅構内の飲食店やブティックなどは
通常よりも売上アップしたのかなと思いました。

 

肝心の私のお店はと言いますと、、、
台風の影響もあり客足はまばら、、、

仕方ないですよね。

 

あなたのお店は台風の影響はありましたか?

 

私は今回のような台風や冬の時期では大雪

など、自分たちの力ではどうしようもない時が
あることを知っています。

 

なので、

一時的に売上が下がったとしても
すぐに取り戻せる手配をいつも考えています。

 

なぜ前日や前々日の売上の負けを取り戻せるのでしょうか?

答えは簡単です。

 

客単価です。

私は過度な値下げはしません。

 

あなたもご存知かと思いますが
飲食店は値下げ競争が激しい業界です。

 

値下げしないと集客ができないと思っている
店舗オーナーさんも多いと思います。

 

しかし、私は値下げをしたら必ず他の商品などで
利益を必ず出るように設定しています。

 

例えばマク○○ルド

 

マク○○ルドで販売している
ハンバーガー(ビック○ック)としましょう。

 

このビック○ックだけが売れてしまうと
マク○○ルドは利益が出ません。

 

実はマク○○ルドは原価高騰などを理由に
一時期値上げしたこともあります。

 

それだけ原価がかかっている商品なんです。

 

マク○○ルドが最大の売上や利益を
伸ばしている理由は何か知っていますか?

 

それはセット売りです。

マク○○ルドへ行くと

「ご一緒にセットはいかがですか?」

と店員に必ず聞かれていたと思います。

 

私は可愛いお姉さんに言われると
「はい、お願いします。」
とすぐにお願いしてしまいます。

 

男性に言われても
「う〜〜んどうしようかな、、、」

 

やはり女性に勧められた方が
嬉しいですよね。

 

話を戻します。

マク○○ルドはセットの商品である
ポテトやジュースで利益を上げています。

 

この方法は古臭い方法と思うかもしれませんが
非常に考えさせてくれる方法だと私は思っています。

 

あなたのお店のビジネスモデルを考えるのに
使えそうか落とし込んでみてください。

 

台風で負けた売上を
すぐに取り戻せるようになります。