完璧と妥協の違い

小林です。


完璧を目指すな!
6割でOK!

 

多くの経営者は完璧を求めています。


・完璧な料理


・完璧なサービス


・そして完璧な経営


しかし、完璧にやろうとすればするほど
失敗してしまいます。


スタッフ不足


売上不足


利益不足


あなたは経験があるのではないでしょうか?


私も以前は完璧を求めて
朝から深夜まで頑張って
仕事に没頭していました。


朝起きてからお店に出勤して
仕込みやホールの掃除、銀行への入金。


やることが多く、
時には家に帰ることなく
お店に泊まり続けていました。


お店にはソファーの椅子などないので
椅子を並べてベットにしていました。


木の椅子なので背中が痛くなり
深夜に目を覚ましていました。


明日の仕事なのに
体のあちこちが痛くなって
支障が出てはマズイ。


と、思って今度はうつ伏せで
寝ていました。


朝、目がさめると
顔を洗ってすぐに仕事。


という毎日です。


私たちは自分の夢であるお店を経営しています。


しかし、多くの個人経営者さんは
以前の私と同じ状況
なのではないでしょうか?


いくらなんでも頑張りすぎです。


若いうちはそれでもいいのかもしれませんが
人間嫌でも歳をとります。


結婚をします。


子供ができます。


私たちの人生は歳をとる毎に
豊かになりたいと常日頃から
思っています。


豊かになりたいから
自分でお店を開業して
日々頑張っています。


しかし、頑張りすぎるのも良くはありません。


病気になってしまいます。


精神的に追い詰められて人に対して
優しくなることができなくなってしまいます。


多くの店舗経営者は頑張っています。


しかし頑張る方向がズレています。


ズレているから


スタッフが不足したり


売上が不足します。

私は考えました。


料理を頑張りすぎていて
結局肝心のお客さんの
満足度などを度外視して
やりすぎていたんです。


それよりも大事なことは完璧に仕事をすること


ではなくて
=============
お客さんに満足してもらう事
=============


この事に気がついたんです。


あなたがもし料理やサービス
そして施術を頑張りすぎて
しまっているようでしたら
見直してみてください。


あなたのお店に来店してくれている
お客さんは本当に
料理を求めているんですか?


完璧すぎるサービスを
求めて来店しているんですか?


完璧なカットやマッサージを
求めているのでしょうか?


私は持論として
6割の力で店舗が周り
お客さんがリピートしてくれる事を念頭に必ず考えています。


料理も完璧に仕上げようとしていますし、
お客さんの事を誰よりも気にしている
スタッフがいます。


その結果があなたの求めている完璧である必要って
ありますか?


あなたが完璧と言える事をやりたい。


完璧に販促もやりきる。


素晴らしい事です。


私自身完璧に物事を進められるように
頑張っていますが、完璧にはできませんでした。


だから、自分自身の線引きをしました。


6割の法則
(私が勝手に決めました。)


この法則を決めてから、すべてが上手くいきだしました。


だからと言って手を抜いている訳でもありません。


料理やサービスは大事です。


しかし、過剰なのはどうなのでしょうか?


完璧は辛いです。


妥協するわけではありません。


お客さんが求めているレベル以上を
仕組化できないのか考えてみてください。


きっと、今よりも良い結果になっていると思います。