中小個人店舗の逆襲

小林です、

小さなお店が成功するには。


現在都内で個人店を出店する
オーナーさんは
圧倒的に1人もしくは2人で
経営できる規模の
お店にする方が多いようです。


坪数は10坪程度の小さなお店です。


そして1階ではなく2階など
空中階にお店を出店しています。


店舗を構える場所が大事と
思っているようです。


私も今のお店を出店するときは
一人でできるくらいの
広さがいいのかなと
だいぶ悩んだことがあります。


結果的には1人では
営業できないくらいの広さの
お店になってしまいました。


私の料理人の友人たちが
現在ドンドン独立開業しています。


その友人たちの8割以上
1人か2人で営業できる
小さなお店です。


ひと昔ではとても考えられないくらい
小規模のお店が都市部では
本当に増えました。


私は一人で営業する根性がないので
少し大きめの店舗にしたんです。


一人では、
病気になったら営業がストップし
営業してないと売上が立たないからです。


だから私は病気にならない
とは言えないので
少し大きめのお店にして
スタッフを雇うことに
決めました。


先日、一人でワインバーを
経営している友人から
一本の電話がありました。


「小林さん、今月の集客はどうですか?」


「うちは7月から集客
落ちてきているんだ。」


「どうしたらいいのかな?」


こんな内容です。
(少し言葉を丁寧にしました。)


私は一人で経営していること自体
爆弾を抱えている状態と思っているので
ある提案をしました。


集客数が足らないんだったら
客単価を上げたらいいのでは。


飲食店やサロン、
美容室を経営してやっては
いけないことがあります。


それは単価のお客さん
相手にしてしまう事です。


低単価のお客さんを相手にして
私たちのような中小規模のお店で
売上、利益が上がっているお店は
ありません。


低単価のお客さんを相手にしてしまうと
その分売上を上げるために
客数をとらざるえないからなんです。


小さいお店ほど客数を取るよりも
単価をとった方が最小限の労力で
売上を上げることができるからです。


小さいお店の逆襲です。


だから、友人には
客単価を上げてみたら
と、アドバイスをしました。


あなたは売上の公式はすでに
知っていると思います。


しかし、多くの店舗経営者様は
売り上げの公式を知っているのに
上手く活用できていません。


知っているつもりから
最大限活用して落とし込む


に変えていかなくてはいけません。


経営不振のお店の多くは
公式のいずれかを変えれば
改善することがほとんどです。


今日は少し真面目に
話してしまいました。


でも真面目にあなたに
聞いて欲しいので
私も本気で話しています。


小さなお店で成功するには
客単価に目を向けてください。


客単価を上げて繁盛店にしてください。


くれぐれも毎日安定させて集客をしたいからといって
低単価にはしないでください。


客単価が高ければあなたのお店の良さが
伝わりやすくなります。


そして客単価は何も商品だけの価値ではない
ということを考えてください。


必ずできます!


あなたならできます、応援しています。