お店を経営知ることは未来を作ること
小林です、


理想の未来に何があるか。


最近お店を経営している方と話をして
思うことがあります。


それは、
今の事でいっぱいになっている。


私もあなたと同じ
飲食店を経営しているので
気持ちはよく分かります。


未来の事を考えるよりも
今日の売上が気になってしまい
中々前を見れないんですよね。


今日の売上があなたの予想を
下回っていたら


「今日は何でダメなんだろう。」
「明日は大丈夫かな」


なんて考えると思います。


しかし、
今日の売上が思ったより良かったら


「明日は大丈夫なのかな」
「明日も売上いいよね」
「よし!このままいけば今月はいいぞ!」


このように思っています。


私もこのような気持ちがないといえば
嘘になりますが
気をつけていることがあります。


それは
一喜一憂しない。


一喜一憂はその場限り状況
喜んでいることです。


それよりも着実に
売上のベースを上げていった方
強い店舗経営になると思います。


一喜一憂する方にある共通項があります。


功した事例ばかりを探し求めている。


私は成功事例は自分で作るものと
思っていますが違うようです。


なぜ成功事例ばかりを探し続けるのか


ですが、自分が失敗するのが怖いんです。


考えてみてください。


今の成功しているお店は
初めから成功したのでしょうか?


きっと成功している裏には


どうしたらお客さんが
いっぱい来てくれるのかな


どうしたら売上が
上がり続けることができるのかな


どうしたら利益をもっと
取れるようになるのかな


いつも考えて行動していた結果が
成功に繋がったんです。


しかし、多くの店舗は結果ばかり求めていて
その前にある工程に目を向けていないんです。


今日はあなたに大事な事を
お教えしたいと思います。


あなたが思い描く
理想の未来に何があるのか


を、強くイメージしてください。


「え!小林さん、精神論ですか
それよりもノウハウがいいんですが」


と聞こえてきそうなので言いますが


ウハウをいくら覚えても
実行しなければ
結果にはつながりません。


あなたのお店にあったノウハウは
あなた自身が見つけていくものなんです。


ノウハウばかり追い求めていると
ただのノウハウコレクターになってしまいます。


それに成功をイメージができていなければ
いくらノウハウを実行しても
一過性の事になってしまうんです


あなたは今のお店を
どのように繁盛させていきたいですか?


このような質問をすると
成功(繁盛)のイメージが出来ていないために


どのくらいの売上が欲しいのか
どのくらいの利益が欲しいのか


分からないんです。


「多ければ多いほどいい。」
なんて答える人もいますが


シッカリした目標がなければ
いくらのノウハウを詰め込んでも
いい結果には繋がらないんです。


自分の好きな事をして稼ぐ事は
素晴らしいですし私も同じ考えです。


でも、自分の好きな事を
実現するためには
何が必要なのでしょうか?


あなたの成功をイメージしてください。


精神論でもスピリチュアルでもありません。


イメージしないと行動できないんです。


成功した事例ではなく
成功したイメージの方が
下手なノウハウよりも大事なんです。


あなたのイメージを形にしていきましょう!


応援しています。