悪い口コミといい口コミ

小林です、


人をジャッジする店主。


お店を経営していると
売上が気になりどうしても
お客さんを選り好みしてしまいます。


以前の私がそうでした。
集客を勉強していると
お客さんを選ばなくてはならない。


お店のターゲットを決めなくてはいけない


と教わります。


私はその言葉の通り実践しましたが
結果。


お店がガラガラになりました。


今は多くのお客さんが来店していますが
お客さんを選り好みは良くないです。


飲食店など店舗型のお店は
この言葉通りにやると
お客さんの数が半減してしまいます。


私は少しでも売上が欲しいので
お金を使わないお客さんが来店してしまうと


「なんでこの人は使わないんだろう。」
「ネットで集客したお客さんの質が悪いな。」

と思っていたんです。


そこで売上を上げるために
単価をドンドン上げていきました。


ある一部のお客さんは来てくれましたが
大半のお客さんはそれから来店しなくなり
一気に経営が苦しくなっていきました。


1週間の間で1日ゼロは当たり前。


たまーにお客さんが来店してくれると
このお客さん幾ら使ってくれるんだろう。


と考えていたんです。


悪魔に操られていたんです。


悪魔はどこにでもいます。


弱い部分を巣食うように
心を蝕んでいきます。


途中で気付くことができたので
ある程度で収めることができました。


あなたは気をつけて下さい。


お客さんを選り好みをしてばっかりだと
悪魔に心を乗っ取られます。


とはいえ、
あなたも売上を上げていきたいと
考えて日々頑張っていると思います。


大事なことを書きたいと思います。


この概念が分かると
線引きができるようになります。


私は来店したお客さんと
まだお店に来店したことがないお客さんを
分けて考えるようにしています。


見込客と顧客。


見込客とは
まだあなたのお店の事を知らないか
知っていても一度も来店した事がない
お客さんの事です。


例えばWEBなどのページを見て
あなたのお店の事が気になっている
お客さんです。


そして顧客は一度でも
来店してくれたお客さんの事です。


両者は似ているようですが
実はアプローチが全く違うんです。


ここを同じにしているお店が
本当に多いなという印象です。


お客さんを選り好みしていいのは
どちらだと思いますか?


見込客の方です。


本当は公開したくないんですが
私と同じような悩みをお持ちの方が
多いので頑張って書いていきます。
もしかしたらすぐに削除してしまうかもしれません。


書いてあるうちに読んでください。


来てほしくないお客さん像を決める。
たったこれだけです。


私のお店で来てほしくない
お客さんの一部をお教えすると
店内でイチャイチャするカップルです。


これ以上書くと変な想像してしまうんで
このくらいにしておきます。


他にもあるんですが
このような来てほしくないリストを作ると
自然とあなたのお店には来なくなります。


あなたは先ず、見込客集めをしなければ
新規のお客さんは来店してくれません。


なので、新規集客は見込客集めだと思って
集客をしてください。


チラシやポータルサイトなどの販促物を
作る時は特に注意が必要です。


ではー