img_5598

小林です、


時間の使い方。
私はかなり時間を
大切に考えています。


それまでは時間という
概念がなかったのですが
アル先生に言われて
「そうなんだ。」
と感じたからです。


ぜひあなたも時間を
大事にしてください。


私たちは産まれた時から
1日に24時間という時間を生きる
ということが決められています。


お金持ちでも貧乏人でも
体が大きい人でも小さい人でも
大人でも子供でも
全て平等に1日は24時間です。


そして、何かをやる時間を
短くしてくれるものには
価値が生まれていきます。


例えば
東京から大阪まで
歩いていけば1ヶ月以上かかります。


しかし、自転車を昼夜漕ぎ続け
大阪に行けば徒歩で一ヶ月以上のところ
2週間で行けるかもしれません。


そして車を使えば
1日で大阪まで着くことでしょう。


新幹線に乗れば
東京から3時間と少しで
着いてしまいます。


このように時間の短縮によって
価値が決まってしまうんです。


実は料理も同じなんです。


料理を一生懸命作っている
私たちには辛い現実です。


これから話す事を落とし込めると
今よりもグッと経営に対しての考えが
変わると思います。


では始めます。


サンドイッチは卵や食パンなどを
買ってきて自分で作ることはできます。


しかし、
スーパーやコンビニに行けば
200円も出せば買えてしまいます。


もしかしたら自分で作るよりも
美味しいかもしれません。


自分で作るよりも、
時間をかけずに
200円で美味しい
サンドイッチを買う


これがビジネスの世界で
時間を売っている
という概念なんです。


今のお店で時間という概念で
どんなアイデアで売る事ができるか
考えてみてください。