mt-fuji-1346096_640

小林です、


同じ山に登り続ける恐怖。


私をご存知の方は
知っていると思いますが


飲食店経営者としては
かなり違う考え方をしています。


料理業界に携わり25年。


かなり長い歳月を飲食業界で過ごしてきました。


その間失敗や事件が多くありました。

一緒に働いていた仲間が
翌日になる前に夜逃げをし


調理場とホールで殴り合いの喧嘩になり


救急車や警察にもお世話になり


給料日だというのに
銀行の預金通帳に振り込みはなし


とまぁ、、、


雇われの時でも
ここでは書ききれないくらいの
経験をしたと思っています。


そして、独立開業。


こんなに色んな経験をしたから
もうないよな。


と思っていたんですが、、、


現実はもっとありました。苦笑

雇われの時以上です。

毎日が戦争のようなバトルを続け。

売上という一つの結果のために
何ができるかと戦う毎日だったんです。


雇われの時は


料理のこと
仲間のこと
部下のこと


などだけを
考えていてば良かったのに


あなたは気がついたかもしれませんが


雇われの時って


「いい商品を作るためには
どうしたらいいのか。」


ということばかりを考えていませんでしたか?


私はそうでした。


例えば同じフレンチの業界で


○○さんの作った
料理が凄い!
食べたい!
俺も作れるようになりたい!


と言う気持ちで
私は走り続けていました。


それで海外にも行って修行をしてきたんです。

今でもその気持ちは変わらないんですが
少し見方や考え方を変えていったんです。


よく考えて欲しいのですが
○○さんと同じ商品(料理)ということは
一番にはなれないんです。


つまり、○○さんが作ってきた
同じ山を登り続けているんです。


でもその山は○○さんが
食べていくだけの分しかないんです。


私はその山を登り続けていたのですが
途中で下山することにしました。


なぜかというと
職人のままだったら
上り続ければいいんですが
今の私は置かれた状況が違ったからなんです。


もう少し分かりやすく書きます。


例えば
イタリアンという山には

たくさんの飲食店が
イタリアンという旗が立っている
山の頂上に登ろうとしています。


なぜ頂上に登るのかというと、、、


その頂上にはあなたが欲しい物があるからです。


富、名誉、名声、達成感、、、

 

ではビジネスで置き換えます。


頂上にはお金
つまり売上があります。


売上というトロフィーが欲しいから
日本全国の飲食店が同じ山の頂上
目指しているんです。


夫婦でやっている小さなお店から
地域で店舗展開しているお店
そして全国でチェーン展開しているお店


ようは全てです。

「小林さん
なぜ頂上を目指さねくてはいけないんですか?」


「頂上でなくてもいいんですけど。」


と聞かれると思いますので
先に答えておきます。


山の中腹辺りから
売上が取れなくなります。

あなたの周りでも今まで好調だった
お店が無くなっていると思います。


お店が無くなっている一番の原因は
売上不振です。

山の中腹辺りにあなたがいたのでは
もう売上が上がりづらくなってきているんです。


それを証拠にドンドンお店が無くなっていきます。


そしてバンバン新しいお店が出来ていきます。


昨年は私の友人が2人独立しました。


一昨年は4人でした。


今年独立を考えている友人はすでに3人います。


で、私が感じているのは

新しく開業するお店も閉店するお店も
同じ山ということなんです。


それでもあなたは同じ山を登り続けますか?


ぜひ新年考えてみてください。


ではまた〜。