a2b03defcebb29eeba3b5e0a8419bf96_s
小林です、


久しぶりに寝込んでしまいました。


今ではすっかり回復して
元気で仕事をしています。


中小規模の店舗にとって
今回の私のように突然の病気での欠勤。


困りますよね。


私自身何度もそのことで
悩まされてきました。


店舗ビジネスは人がいないと
成り立たない商売なので
どうしてもある程度の人数が
必要です。


しかも、、、悪いの良いのか


このタイミングでかよ・・・


と思うくらい
普段では考えられないくらいの
お客さんが来店してしまう。


 
ただでさえ、
今日は人手不足なのに
どうやってこなせばいいんだ。


と頭を抱えた事はありませんか?


私はよくありました。苦笑
なので、頭をしっかり使って
なるべく無理のない営業にしています。


どんな頭の使い方をしているのか
気になりますか?


全ては合理化。


それと徹底的に絞り込む。


あといくつかあるんですが
大きく言うとこの2つがキモです。


知っていますか?


飲食店で働く人って
どんな夢があって働いているのか。


私たちと同じように独立開業を
目指して働いている人って
意外に少ないんです。


ダントツで多いのは
ただなんとなく働いている。


こんな方が多い業界なんです。


だから私たち店舗経営者は


なんとなく働いている人
↓↓↓↓↓
目的を持って働く人


に変わる人を
探さなくて商売どころでは
なくなってしまいます。


働く目的がなければ、
いくら高額なギャラを払い続けても
そのギャラに見合う働きは
絶対にしてもらえません。


経営とは
人、物、金
この3つのバランスが大事。


有名な経営者も同じことを言っています。


目的をどこに設定するかは
経営者が決めなければいけないです。


話を戻すと合理化なんですが
一つの方法はITの活用です。


ITが苦手な方が多いようですが
お客さんの方がITに詳しいようでは
とてもではないですが集客はできません。


やらなければいけないスキルだと思います。


料理ができたりドリンクメニューを
作れたりするんですから
ITだってきっと覚えられるはずです。


頑張って覚えましょう。


合理化は他にもあるんですが
例えば営業時間。


夜お客さんがいないのに
ダラダラと営業しているお店多いですよね。


私のお店ではダラダラとした営業は
しないようにしています。


営業時間を守るということは立派だと思います。


でもそれはケースバイケースと言うのが
私の考え方です。


なので、暇な日などはお店を閉めるのも早いです。


そうすることでスタッフの負担も減ります。


もちろん売上自体もその日長く営業したから
上がるわけでもないですよね。


このようなポイントで考えていけば
いくつも合理化するところがあると思います。


営業時間で思い出したんですが
「お客さんが帰るまで当店は営業をしています。」


こんな文章を目にしますが
これでは趣味の延長です。


オーナーは良いかもしれませんが
スタッフは全くよしとは思っていません。


それに売上も上がるかといえば
断言して言えますが
決して上がりません。


私が昔やっていたので分かります。苦笑


なので、
メリハリをつけて合理化をしてみてくださいね。


その方が今よりも売上、利益
共に取れるようになります。