P1090149

小林です、


お腹に溜まらないコース料理。


この言葉を見て
あなたはギクっとしましたか?


もしドキッとしたら
これから話すことは
きっとあなたの為になるはずです。


先日、私は以前から気になっていたお店に
食べに行きました。


ディナーでもよかったんですが
今回は時間があまりとれなくて
ランチにしました。


私は同業をよく食べ歩きをします。


他のお店をよく知らなくては
コンサルとしても
もちろん失格ですが


自分でもお店を経営しているので
勉強のためでもあります。


話を戻しますと、、、


あるお店でランチを食べました。


アラカルト料理はなく
コース料理があったので
それを頼むことにしました。


ちなみにコース内容は
「前菜、主菜、デザート、最後の飲み物」


上記に書いたもの全部出てきて
一人2000円です。


安いとしか言いようがありませんよね。


私は安いと思ってしまいますが
他のお客さんはそうは
思っていないようです。


しかし一品あたりに直すと、、、
666円程度なんです。

 

そして安いからお客さんが
いっぱい入っているかというと
ガラガラです。


私を含めて3組6名でした。


お待ちかねの料理が出てたんですが
正直驚きました。


とにかく量が少ないんです。


余計なお世話かもしれませんが
この量で3皿だったら
1皿にして満足度をあげればいいのに
思ってしまうほどです。


と、ここまで普通に食べ物リポートでしたが
あなたは何か感じませんでしたか?


そうです。


このお店はお客様目線で
お店作りがされていないんです。


あくまでもお店側が


こんなもんだろう。
これでいいだろう。
こうだよね。


と思ってやっていることです。


ランチタイムにコース料理を
2000円で販売するのは
苦しい選択なのかもしれません。


しかし2000円のランチで
満足させられないから
ガラガラの店内になってしまいます。


しかもお腹にたまりません。


かといって追加で頼める
メニューはありません。


どこまでもお店側の都合で決めつけています。


こんな価格で俺の料理が出せるもんか!


この価格ではこれが限界なんだ!

 

思っていることはお客さんに伝わってしまうんです。

 

ここで改善してできることは2つあります。


一つは今のコース料理の
グレードを上げて価格を上げる。


価格を上げるとお客さんが
来ないんじゃないかと思いますが


しっかりしたコンセプト
ターゲットが決まっていれば
きちんと集客できます。


価格を上げることで
お客さんの質が良くなり
もっと高単価になりやすくなります。


もう一つは
価格を下げることです。


つまり集客数を増やします。


いつもお伝えしていますが
売上を上げる要素は
これしかありません。


売上=客数×客単価


この公式に当てはめて
あなたのお店にあったことを
考えていかなければいけないんです。


決して自分の主観ではやらないほうがいいです。


自分が思っていることと現実は違います。


ぜひ参考にしてみてください。


さっきの話ですが
あまりにも量が少なかったので
お店に戻りパスタ料理を食べてしまいました。苦笑


量が多いのも問題ですが
少なすぎるのも問題なんですよね。


ではまたー。