img_4301

小林です、


現状維持は遅れをとる事は同じ。
 


今月はどこの飲食店も売上が
苦しいようです。



あるお店では販促活動を続けることにより
毎年この時期に売上が下がってしまうのに
逆に上がり続けているんです。


勝ち組と負け組の差がこの時期
顕著に現れると思います。

 

ところで売上は昨年対比
どのくらい上がっていますか?


 
昨年対比で下がっているようなら
何らかしらの施策が必要だと思います。
 


横ばいのお店もホッとしている場合ではなく
昨年対比で落ちているお店と同じように
何らかしらの施策をした方がいいです。
 


世の中は私たちが思っているよりも
早く動いています。
 


周りをみてください。
 


昨年まではあんなに繁盛していたのに
今年はイマイチな繁盛になり
今月はどこのお店も忙しいのに
客席がまばらなお店。


それでも、店主は昨年と同じ売上だ。
と、一生懸命言い訳をしています。
 


明らかに売上が下がっているなら
忙しい時期、何とか頑張って売上を
上げて欲しいと思うんですが、
中々踏ん切りがつかない。


このような経営者。


飲食店にはワンサカいるんです。

 

小林さん、売上も大事だけど
利益のほうが大事だと言ったじゃないですか。

 

と言われそうなので先に答えます。

 

利益は売上が上がっていないと残らないです。
 


あなたも何となく分かっていると思います。
 


そうです。
売上を上げることがとにかく先なんです。
 


売上がないと利益は絶対に残りません。
 


なぜかというと
スタッフの人件費や借りただけで掛かる
家賃、そしてお店に入れば必ずかかる
光熱費があるからです。
 


そう、維持費がかかります。


じゃー。人件費が圧迫しているから
人を削ろうかな。
 


なんて言っていると
もっと売上がダウンしてしまいます。
 


仮に2人でやっているお店に3人入れたら
経営が成り立たないと思っている
経営者が多いですが


そんなことはありません。
 


2人より3人のほうが確実に売上が上がります。
 


そして利益も残るようになります。
 


あなたのお店が現状維持で満足しているなら
今年はまだいいですが

 

来年は世の中の波に飲み込まれて
しまうかもしれません。
 


今年の間にいろんな課題を棚卸しして
来年はそれを塗りつぶしていくことが
中長期的な繁盛になります。


ぜひやってみてくださいね。