小林です、


待ちぼうけ。


飲食店に限らず店舗型ビジネスは
基本的にお客さんが来店してくれるのを
待たなければいけない商売です。


しかし、一方で自分たちの世界観を
インターネットを使って情報を発信
お客さんに来店してもらう事に
成功しているお店もあります。


あなたはこのままお客さんが来るのを
待ち続けますか?


それとも自分から集客活動
していきますか?


私は基本的に待つこと自体が
大嫌いなので


自分から進んで営業活動を行ったり
集客活動をします。


一見、こんなことまでやって
効果があるの?
と思っても


ひとまずやってみないと
効果があるかどうか分からないので
やってみるようにしています。


こうして集められたデータをもとに
再現性が高いものだけを
セミナーなどを通して
お伝えするようにしています。


集客をしなければいけないのは
分かっているけど


どこから手をつけていいのか
分からない。


こんな店舗経営者さんから
質問をお受けすることが
多くなりました。


以前に比べ。


ただお客さんが来店してくれるのを
待つのではなく


自分たちで来店してもらえるよう
動いていく。


とっても良いことだと思います。


あなたのお店がある周りの店舗を
見てください。


それすら気がついていません。


今まで通りに朝一番で
お店のシャッターを開けて


お店の玄関を一生懸命掃除をして


店内も綺麗にし


ランチタイム。。。


お客さんが来店してくれるのを
ひたすら待ち続けている。


そんなお店ばかりです。
もしくは


お店を開けて待っているだけでは
お客さんが来ないことは分かっているけど
どうしようか悩んでいる。


隣のお店が販促活動を頑張っていると


「○○さん、最近看板変えたんですね!
 お客さんいっぱい来ていますか?」
なんて聞いてみて


「ほらな!看板を変えたくらいじゃ
 お客さんは来てくれないんだよ!」


もしくは


「あんなことやったって
 お客さんが来店する保証なんてないじゃないか!」


このように決めつけているお店
多いんです。


例えば
あなたが販促活動を頑張っています。


近くのお店のオーナーさんや友人に


「○○さん、最近販促活動頑張っていますね、
どれが一番効果があったんですか?」


と聞かれても


真面目に答える必要もないので
適当に答えると思います。


それを質問した側は本気にして


・やっぱり販促を頑張ったって一緒だよ!


・今まででいいんだよ。


・料理が良ければお客さんが来るよ。


決めつけているんですよね。
私はこの考えを変えなければ
待ちぼうけになってしまうと思います。


待っても待っても待ち人は来ません。


それを他人に聞いたところで
本当のことは誰も答えてくれないんです。


まして、成功していることは特に。


周りの店舗が足を引っ張り合いをしていても
あなたのお店だけは着実に業績アップを目指し
頑張っていけばいいんです。


今月は集客が厳しいお店が多いようですが
頑張ってください。


この時期こそ販促を勉強したり
来月への布石を打つには絶好の月だと思います。


ぜひやってみてくださいね!


じゃーね!