小林です、


店舗ビジネスでの広告費。


先日、アル事をメールで相談されました。


「小林さん、広告を打たないと
いけないのが分かるんですが
どこをどのようにしたら
いいのでしょうか?」


実は似た質問をよくお受けします。


多分、チラシやDM、グルメサイト登録などで
全然思ったよりも反応がなくて
痛い目を見たのだと思います。


今話題のてるみくらぶの社長さんが記者会見で


「広告費を思った以上に投入してしまい
会社の業績が急激に悪化した」


と言っていました。


こんな話を聞くと余計に
広告にお金を使うのが
怖くなってしまうと思います。


特に店舗ビジネスは引かれる経費が多い
その中で広告費を捻出していかなければ
いけないからなんです。


そして、広告をやる時も
どこをどのくらいかけて
販促をしていったらいいのか
悩みどころです。


私もいっぱい広告費をドブに捨ててきました。


チラシをやろうとチラシ作成業者には
「こうやればお客さんがきますよ!」


と言われたことだけを鵜呑みにし
結果は悲惨だったことを記憶しています。


ホームページ作成の時も同じでした。


当時の認識では
ホームページは作れば
お客さんが勝手に向こうから
やってくるもんだと信じていたんです。


今考えると、、、、


恐ろしい考えだったなと思っています。


しかし店舗ビジネスを運営していくのに
広告は絶対に必要です。


特に飲食店は
「広告にお金を使う」
と言う概念が薄いため
上手くいくとかなりの数の
集客が見込めるんです。


今日はこれから頑張って
広告をやっていこう!


と考えている
あなたのために5つのポイントを
お教えしたいと思います。


と言いたいところですが
限られた時間しかないため


今日は一番大事なことを
1つだけ書こうと思います。


一つだけですが強力です。


意外にコレが出来ていない店舗さん多いです。


では行きます!!


1)広告をやる目的がハッキリしている。


むやみやたらに広告を打っても
効果は望めないです。


特にテレビやラジオなど
マス広告といわれている広告は


その広告を見たり聞いたりして
イメージだけでお客さんを集めようとしています。


だから広告費がかさんでしまい。


集客ができずに倒産してしまいます。


私たちはそんな非合理的な方法は
とってはいけないんです。


その広告をやる目的をしっかり持ってから
広告作成や広告制作会社に依頼してください。


例えば
近くのお客さんに
もっと自店舗のことを知ってもらい
何度も利用してほしい。


それには、、、


チラシで店から半径2キロ以内の
主婦に向けてポスティングをする。


など目的がしっかりすれば
行動もしっかりしてきます。


ぜひあなたの販促活動に役立ててください。


私がコンサルするときは
どの目的なのかをハッキリさせてから
必ず販促を行います。


その方が無駄な広告費を使わなくて済むし
結果も早く出やすいからです。


そのためにはコンセプトが大事になります。


広告関係は特に誰にの部分が大事です。

 

誰にが分からなければどんなに頑張って広告を作成しても
反応がないからです。

 

あなたのお店は誰にを明確に言えますか?

 

誰に向かって広告を作りますか?