小林です。


今やっていることの価値の感じ方


書籍や有名なコンサルの先生達は


価値をつけなさい。
価値が大事なんですよ。
価値をつけないから売れないんです。


こんな事を言っています。


私自身価値の事も
いつもお伝えしている一人です。


しかし、多くの店舗経営者さんは
価値についてよく見れていないな
と感じています。


商品の価値
人の価値
場所の価値
テクニックの価値
材料の価値
時間の価値
速さの価値
など


価値にも色んな価値があるんです。


これって一括りで価値とはこうだよ!


と、答えられないんですよね。

 

今日の小林さんヤケに真剣ですね。
と言われそうですが


今日は真剣に書いています。


と言うのも、よく相談をされる事が
この価値だからなんです。

 

例えば場所の価値。


駅から近いのも価値ですが
離れていても価値を
出すこともできます。

 

駅近5分。駅から徒歩5分
ここを曲がって1秒。


など

 

あなたのお店の価値がどこにあるか
まずは探ってみてください。

 

そしてその価値をお客さんに
聞いてみてください。

 

お客さんがあなたのお店の価値が
どこにあるのか聞いてみないと
分からないと思います。

 

私も
「価値を見つけなさい。」
と、先生に言われ続け
ずっと探していました。

 

お店の前を歩いていたり。
客席に座ってみたり。
スタッフが作ってくれた料理を食べてみたり。
喫煙をしてみたり、お酒をお店で飲んでみたり。

 

考えられることを経験してみました。

 

お店の前の道を価値探しで歩いていたら
道路に何か光る物を発見しました。


何だろう。。。


と近づいてみると100円玉が落ちていました。


ラッキー!
と内心思いました。


私は真面目なので
警察に届けようと考えましたが
そのままポケットの中に入れたまま
忘れてしまいました。


後日、ユニフォームの
クリーニングをしている業者さんから


「誰か100円をポケットに
しまったままでしたよ。」


と言われ始めて忘れていた事に
気がついたんです。

 

100円くらいいいのかなと
悪魔のささやきがあったんです。

 

でも天使に助けられました。

 

レジ閉めで100円足らないと
ゴミ箱をひっくり返したり
床に顔をつけてヒヤヒヤしながら
探すんですが。

 

拾った100円は
そのまま使ってしまってもいいと
悪魔に囁かれるんです。

 

なんでだろうと自分でも
不思議に感じることもあります。

 

お店を経営していると
100円足らないと顔を真っ赤にして
レジ金合わせをしているのに


拾った泡銭はなんとも思わない。


あなたにとって
100円の価値はどのくらいですか?


これってお店の経営にも言えるんです。


冒頭話したお店の価値ですが
あなたはどんな価値を出す事が
出来るでしょうか。

 

この価値は100円かもしれないし
1000円の価値かもしれません。

 

あなたのお店ならではの価値
探してください。


じゃーね!