小林です、


過去に儲かった経験





引きずっていませんか?

長年お店を経営していると
過去に一時は儲かった時
いう時期が必ずあります。


あの時代はよかった..


残念ながら過去のよかった時期は
過去のことです。


そして過去にお店が儲かった方法が
価格を下げて集客をして
たくさん儲かったという体験が
頭が離れない・・


このように


長年お店を経営している
経営者の方から
よくお聞きします。


過去にうまくいったのは
たまたま色々な要因があって
儲けられたのであり


今とこれからも同じ方法で儲けられる
という保証はどこにもありません。


過去に集客できた方法とは


- 安さをウリにすれば
- こだわりがあれば
- お客さんに喜んでもらえば



いい時代を過ごしたからこそ
これらが頭から離れないようです。


今から30年前はそれでも
よかったと思います


しかし過去と現在は違います。


例えば
お客さんの年齢


あなたのお店に来店していた
お客さんはあなたと同じ数だけ
毎とし歳を取っていきます。


歳をとるごとにあなたのお店に来る
何らかの理由がなければ
そのお客さんはリピーターで
あり続けることはないんです。


最近、物件情報を見ると
長年店舗を経営しているお店が
後継者不足、従業員不足
資金不足などの理由で
ドンドン長年続けたお店を
閉店させています。


空き物件情報を見るのが
辛いです。


とてもヒトゴトとは
思えないです。


従業員不足など人の問題は
店舗だけの問題ではないので
どこの会社でもある問題です。


いずれどの業界にも波及する
問題と言えます。


その前に資金不足での閉店は
売上が足らないために
潰れてしまっているのです。


売上があればスタッフも
雇うことができます。


売上があればお店を企業などに
売ることもできます。


しかし、売上がないと
そうもいきません。


売上が上がり続けていないと
今後のあなたの人生の選択肢が
なくなってしまうんです。


限られた人生の中
あなたはどのように
生きたいと思いますか?


人生を楽しむには
お金が必要なことが多いです。


旅行、結婚、出産、マイホーム・・

 

私はあなたに本気で売上をあげてほしい
と思っています。


あなたは過去
「昔の方が良かった」
などと思わずに
前を向いて歩き続けてください。


私も前を見て歩き続けています。


あなたならきっとできます。
それでは!