小林です、


ピンチこそ最大のチャンス


とよく聞くと思います。


あなたのお店は今どんなピンチ
悩んでいますか?


もし売上のことで悩んでいるならば
今こそ売上を伸ばすチャンスなのかも
しれません。


私たちは過去の経験上から
未来を想像して生きています。


例えば
過去に英語の先生をしていて
小学生に教えていた。


と言う過去があったとします。


そんな過去を持つのに
大工の棟梁」になると思っても
中々なれるわけがありません。


もう一つ例を出します。


過去にフランス料理を極めるために
フランスに修行までしているのに


WEBデザイナーを目指そうと思っても
イメージが湧かないと思います。


過去=フランス料理
↓↓↓
未来=〇〇


何が入ると思いますか?


これが冒頭で書いた
人は過去の延長線上で
未来を決めてしまう
と言うことなんです。


勘違いしてほしくないんですが
過去がダメだから
心機一転してください。


と言っているのではないです。


過去の自分を客観的に見て
可能性のある未来を想像して
行動していって欲しいのです。


仮に、今現在。


あなたのお店では売上がピンチだとします。


ピンチということは現在と過去です。


売上ピンチの状況ということは
今のあなたの頭の中には
ピンチ時における延長線上のアイデアしか
でないということなんです。


売上ピンチの延長線上で考えると..


無料で掲載できる広告はあるのか
一発逆転の販促方法はあるのか
周りの店はどうなのか
生命保険を解約してお金を作ろうか
..など


どれもあなたが経験したり
人から聞いた情報の延長
しかありません。


私はピンチを何度も経験しています。


海外にも住んでいたので
命の危険も経験しています。


お店はいつ潰れるか
ヒヤヒヤした毎日でした。


限り少なく残っているお金を握りしめて
ビクビクして過ごしていた時期もあります。


売上のピンチの時は
ありとあらゆることを
実践しました。


チラシ、店前看板、声がけ、
ポスティング、電話、食べログ、
ぐるなび、一休、HP、youtube
ツイッター、facebook…


これだけやれば少しづつ成果が
出てくることがあります。


少しづつ成果が出てきたら
その成果が出ていることだけを
大きくしていけば
失敗も少なくて済みます。

失敗をしないで確実に集客するには
コレがいいです。


人間ピンチの時は
いろんな人からのアドバイスに耳を
塞ぎたくなります。

あなたが耳を塞いでもいいんですが
できればその時こそグッとこらえて
できることからでもいいので少しづつ
行動していった方がいいです。


「小林さん、
最近メンタル系ばかりなんですが
どうしてメンタルが多いのですか?」


「できればノウハウ系がいいんですが」


と言われると思うので先に
説明しておきます。


現在、私のメールリピートのコンサル
を直接受けている方がいます。


メール作成のテクニカルな部分
教えてもそれは人の真似であり
決局は自分のスキルにはなっていません。


私は指導で
「毎日メールを作成してください」
と簡単に言います。





やってみると分かりますが
決して楽にメールが
作れるわけではありません。


だいたい1週間もやると
挫折をします。


何かノウハウを実行していくには
メンタル面を鍛えておかない
長続きしないのです。


「小林さん、大変そうですね。
もっと楽にできる方法って
ないんですか?


これも本当によく言われます。苦笑


もちろんあります。


ただし条件があります。


あなた自身がお金を持っていて
すぐに多額のお金を支払えることです。


例えば・・
チラシ作成は簡単ではありません。


自分でチラシを作成して
集客をしていこうと考えると


少なくても半年以上の時間
必要です。


チラシを楽に作り集客できる方法
として
他の人に作ってもらう
という選択があります。


他の人にお願いをするので
当然お金はかかります。


そして作ってもらったチラシも
確実に集客ができるという保証は
ありません。

どんないいチラシでも
一回で効果は出ることは
まずないからです。


この話を聞いてそれでも
メンタル面は不要だと
あなたは思いますか?


ぜひあなたはピンチをチャンスと捉え
前のめりでお店を経営していってください。


あなたの頑張りを私は応援しています。


それではまた!