小林です、


飲食店にウリは必要なのか?


結論から言うと
あったほうがいいです。


しかし、「ウリ」は
必ず商品である必要は
ありません。

 

飲食店は食べ物を提供しているので
ウリを考えるとなると
どうしても「料理」に
目がいってしまいます。





必ず飲食店は料理でなければいけない
ということもないです。

 

例えば
ウリを料理ではなくヒトにしているお店は
日本全国に多く存在しています。


看板娘」や「名物オーナー」が
お店のある地域を賑わしているように
あなた自身のキャラを「ウリ」
としてもいいと思います。


以前にも書いたんですが
ヒトが何かものを購入するときは
必ず何らかのモチベーションがあります。

 

そしてこのモチベーションは
一つではなくヒトの数だけ違う
モチベーションがある、と
言われています。

 

仮に


「イタリアの家庭に代々伝わる
秘伝のソースを使用した
トマトスパゲティー  ¥1800」


というメニューがあったとします。


多くの店主はこのメニューを
売ろうと考えます。

 

それが間違っているわけでもないですが
裏にはこのメニューを頼むであろう
モチベーションがある、と
いうことなんです。


もしかしたらこのメニューを頼む人は


・本場の味を同僚に自慢したい。


・ワイシャツを胸までハダけて
パスタをテラス席で食べている
自分を見て欲しい。


・この後、大事な打ち合わせがあるので
短時間で食事を済ませたい。


などのモチベーションが
あるかもしれないのです。

 

あなたが今よりももっと
お客さんを集客したいなら
これらのモチベーションを
理解できていないと集客はできません。


それに
リピート客になってもらう
ことも難しいです。

 

こう話すと・・


「難しい」と言われます。


もし難しいと感じるのであれば
まずはあなた自身が他の店舗で
食事をするときのモチベーションを
感じてみてください。


少なくてもあなたが感じた
モチベーションと同じモチベーションの
お客さんがいることが分かるからです。


例えば


客単価を上げたい・・
願っても、実際は中々客単価アップに
踏み切れる人は少ないです。


どうして客単価を
あげることができないのか…


あなたに嫌われるかもしれないことを
覚悟の上書くと・・


あなた自身が他の同じようなお店で
食事をして自分のモチベーションと
向き合おうとしないから理解できないんです。

 

自分のお店は
フカヒレラーメン  ¥2500


他店舗は
同じフカヒレラーメンでも ¥4800


これを見て同じフカヒレラーメンなのに
俺の方が腕も経歴もいいのに
なんで?と思っていませんか。


このようなケースがあったら
私がどうのこうのいうよりも
まずは食べに行ってください。


決して他店舗の批判をしてはいけません。


批判からは何も生まれません。

 

そして、
他店舗での食事を体験してください。


周りのお客さんをみてください。


あなたのモチベーションはどうなのか
感じてください。


このように感じることができると
自然にお客さんのモチベーションを
あなたも感じ取ることができます。


この話。


「あ〜〜いいことを聞いたな」
で終わっていたら
勿体無いと思います。


私は意図的に気になるお店には
必ず視察をします。


視察した時に気をつけることは・・
これ以上書くとあなたが混乱するので
辞めておきます。


ぜひあなたのお店に来店している
お客さんのモチベーションを
気にしてみてください。


新たな気づきが必ずあると思いますよ。


それでは!また連絡します。