小林です、


レジを買い替えるなら
今がいいです。


あなたのお店はレジを
使用していますよね?


実は平成31年10月1日から
消費税が大きく変わります。


標準税率は10%にあがり


「軽減税率」と言って
一定の区分に属している
品目を出している会社は
現行の税率と同じ”8%
になります。


詳しくはこちらを見てください。



そして、国がこれらに対して
一定期間補助金を出しています。


それが
「軽減税率対策補助金」
です。


具体的に飲食店はどのような形なのか
というと、店内での飲食以外での売上に
対して軽減税率になるものがあります。


例えばテイクアウトなど、店内以外で
売上が発生して底減税区分に入っていれば
「軽減税率対策補助金」をもらえる権利が
あります。


何にその補助金が出るのかというと
新しくレジを購入する時です。


今まで何年にも渡り使っているレジ
だとこれから導入する税率にすることは
できないので、


税率を変えられるレジを購入すれば
補助金が出るということです。


補助金が出る対象のレジは
いくつかあるんですが
私のお店は「エアレジ
を入れました。


総額はここでは言えないですが
レジ一式揃えたら
それなりの出費はしました。


この出費に対して三分の一程度の
お金が戻ってきます。


このメールをご覧の方で
これからレジを買わなければいけない
と考えている方がいましたら
この制度を利用してもいいと思います。


補助金申請期間が
2018年1月31日までなので
あと半年と少ししかないです。


私たち経営者は国の制度を利用した方がいいです。


法律や税率などすべて国が行っているので
間違っても国に盾をつかないようにした方がいいです。


少し話は変わるんですが
一般企業がなぜ倒産するか知っていますか?


資金不足、社会的責任、人手不足…
会社が倒産する時って考えると思います。


実はここだけの話なんですが
ほとんどは国が企業を潰しているんです。


この事実を信じなくてもいいですが
とにかく国をあなたの味方にしなければ
あなたの会社やお店はあっという間に
潰されてしまいます。


今日は他のことを
書くつもりだったんですが・・・


来年1月までしか
補助金を使えないので
ぜひあなたにもこれを機会に
POSレジを導入したらどうかなと
思ってご紹介しました。

小林くにおみ


追伸
本文で書き忘れたんですが


東京都内でお店をやっている方は
都内の2箇所のビックカメラで
そのレジを購入すれば
補助金など代理申請してくれます。


補助金書類作成はかなり手間がかかるので
これを利用してもいいと思います。