こんにちは!

小林です。

皆さんはインターネットはよく使いますか?

レストラン検索?チケット?映画館?又はニュース・・・

等、今ネット社会と言われる様に何でもネットで探す世の中になりましたね。

でもね

本当に大事な情報ってネットには載ってないんです

それは・・・

人には自分の興味のある情報しか入ってこないという性質があるからです。

じゃー興味の有る事はあるのかと思う方がいると思いますが

有りますよ、有りますがこの情報は無料ではありません

会社の企業情報・・・深く調べればある程度はできますがやはり専門の情報収集している会社に頼まないとその情報は手に入れる事ができません

ウキペディア・・・あそこに書いてある事はもちろん本当の事もかいてありますがそもそもあのサイトに書く事のできる人間達によって書かれているのです、ちなみにその権利は有料です

このように本当に知りたい情報はある程度の所までくると有料でしか見れない様になっています

ではレストランに当てはめてみましょう

レストランはお客様に情報を自ら流して来店してもらっています。

なぜですか?

先に書いた様に本当の知りたい情報を買う人もいるのに、しかも登録料やシステム使用料など、レストランがお金をポータルサイトに払っているのです。

そんなこといったって皆やっているじゃない!

といいますが、逆にそのポータルサイトのシステムを使い何倍ものお金を手にしませんか?

理解できましたか?

そう情報の量を操作してお店に来店しないと本当のことは分からない様に

し向けるのです。

この続きは次回にします。