小林です、


年商という概念。


あなたのお店は目標の年商を決めていますか?


私は年間スケジュールを立てているので
あります。


多くの中小個人店は
毎日の売上アップダウンだけを
気にしているだけです。


半月、一ヶ月、三ヶ月、
半年、一年と売上目標を決めていない
お店が本当に多いです。


なぜこんな話を始めにしたのか・・
・・というと


売上をあげようと思っても
どう上げていったら分からないため
いつまでたっても売上を上げることが
できないからです。


売上を上げたい・・と漠然と思っている
お店が本当に多いなと感じています。


つまり明確な目標が必要だということです。

 

そしてネットを使っての集客では


「グルメサイトなどに取り合えず登録


お客さんが来るのを待ち続けている。

 

こんな状態になってしまいます。

 

今の月商を「本気で増やしたい!」
あなたがコミットメントしない限り
売上は上げることはできないんです。

 

毎日の仕事に追われてしまって
売上のことを常に考えられないかも
しれません。

 

でもそれだと今までの行動と同じなので
今までのような結果しか出せません。


こういうと
小林さんだからできたんだよ!
と言われますが
実際そんなことはないです。

 

○月末日までに〇〇!


と決めた方が販促費の使い道なども
迷わないためスムーズに達成できることが
できます。


ストレートに言います。


月商を上げたいですか?


売上よりも利益
とよく耳にする言葉があります。





それは月商が
ある程度の売り上げがある
のが前提です。


それを知らずに利益から
取ろうとすると・・・


あなたのお店の商品が
みすぼらしくなったり


スタッフの対応が悪くなったり


お客さんの数よりも
スタッフの数の方が多い日の方が
多くなっていきます。


大事なのでもう一度言います。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
利益を取るよりも売上確保
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
と思ってください。

 

売上がなければ利益は取れないし
ジリ貧になるだけです。

 

売上がなければ販促活動もできないし
スタッフにも十分な給料も出せません。

 

ということは、あなたの給料も出ない
ということです。


これをやればお客さんが来店してくれて
利益が取れるという考え方も大事なんですが、


その前に売上を上げていなければ
その選択肢すらないということになります。


もう一つ、販促をかけて売上が
一気に上がった!という話があります。


実際、私のクライアントさんでも
急にドカーンと上がった方もいますが
正直言ってそれはレアケースです。


多くの店舗の売上は次第に
ジリジリと上がっていきます。


それを知らずに
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
効果的な販促をやれば一発逆転できる!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


と思うと
そのあとのギャップに泣くことになるので
あまり過度の期待はしない方がいいです。


まずは今月よりも来月
来月よりも再来月…と


少しずつでもいいので売上を上げる方が
強い経営体質になります。


頑張って骨太の店舗経営
していってください。


応援しています。