小林です、


単価に悩む前に・・


多くの飲食店経営者は
客単価に悩みます。


ディナータイムの客単価を
3000円にしないと
お客さんが来ない・・


と単価が来店しない原因のように
考えています。


業種業態にもよりますが


例えば
ラーメン屋さんが一人あたりの
平均客単価3000円
というのは
まず有りえないと思います。


でも居酒屋さんとかで
一人3000円くらいは
普通に使います。


この普通という概念が邪魔して
あなたが勝手に3000円にしないと
お客さんが来ない、と思い込んで
いることが多いんです。


説明しますと。


まずディナータイムに
どんなお客さんに
来店して欲しいのかで
客単価設定は変わりますよね?


例えば
会社の仲間内の宴会で利用して欲しい
と思えば


サラリーマンが日常的に出しやすい
価格にすれば来店しやすくなります。


反対に
経営者の人に使って欲しいと
思っている高単価のお店。


7000円とか10000円
それ以上のお店は価格を
前面に出してしまうと


経営者とか役職を持っている人
にとっては相手側に知られてしまうので
使いづらいお店になってしまいます。

 

少し極端に書きましたが
客単価はあなたのお店の業種業態で
変わってくる。
と思ってください。


そして・・


価格設定で迷わないようにするために
考えることは


あなたが考えている下の価格は考えない
ことです。


これから書くことなんですが
私が実際に行っていることを
書こうと思います。


実はこの価格設定が甘すぎるために
いまいち売上が突き抜けられないって
ことが多いです。


先に書いた下の価格というのは
あなたの精神状態でいうと
弱気の値付けです。


そうではなく。


あなたのお店にお客さんが
いっぱい入っていて


もっと料理を頼んで欲しい!
とか


もっとドリンクを注文して欲しい!


と考えている時の
値付けにしてください。


弱気はお客さんにバレます。


なぜなら、人は弱い生き物です。


精神的に弱い状態で値段を決めると
どうしても弱気な価格設定になって
しまいます。


逆に、あなたのお店にお客さんが
いっぱい来ている時なら
必然的に客単価ってあがりますよね?


その平均の価格をあなたのお店の
単価にしてください。


こうすることで
弱気の自分に負けないよう
いい料理を作るように頑張ったり


普段電話しないのに常連のお客さんに
直接電話をして来店してもらったり…と


あなた自身、驚く面が出てきます。


私のお店は5年目になりますが
値上げを4回か5回しています。


今日の話は「値上げ話
ではないんですが


客単価を常に意識して
メニュー作りや
スタッフの教育、
そして情報発信をしてください。
ということです。


その結果。


今よりも客単価を上げながら
リピーターもつけられることに
なります。


ぜひ頑張って考えてみてください。


それではまたね!