小林です、


優先順位。





意識したことってありますか?

 

今のあなたの悩みや問題の
およそ7割、優先順位を変える
だけで解決することが多いです。

 

例えば


食材の仕入れなどを
経営者自らやっているお店って
世の中にある個人店の8割以上
がやっています。

 

私も3年前までは
まだ真っ暗な朝4時に起きて
眠い目をこすりながら
市場まで魚を仕入れたり


野菜も家の近くにある
激安スーパー





朝一番に農家さんが
採れたての野菜を
販売している
無人販売所などに行っては
現金買いをしてました。

 

しかし、あることをキッカケに
自分で仕入れをするのを
パタッと辞めました。

 

理由は仕入れを自分でしている
時間がもったいないと思ったんです。


それまでの私は・・・というと、


自分で仕入れをすることで
少しでも安くて良いものを
仕入れられれば利益が取れると
思っていました。


それと。


自分で仕入れをするから基本的に
その場で現金です。


だから月末の支払い総額が
その場だけでは少し減るんで
楽になる。


との理由だけで自分で
仕入れをしていました。


現在、経営者である
あなた自ら仕入れを
しているということは


以前の私と同じなんじゃ
ないのかなと思います。


・小ロットのが買いやすいから
・キャッシュフローを把握したいから
・売上をすぐに仕入れに回せるから
…ごもっともな話です。


 

これだけは言えるんですが
その状態を続けていても
今よりも売上と利益を手にすることは
正直難しいです。

 

理由を説明します。


理由1:
仕入れの時間がもったいない。

 

経営者であるあなたの最大の仕事は


料理を作ることだけや
ドリンクを発注するだけ


ではなく、お客さんを集めてきて
売上を作ることです。

 

仕入れの時間は営業外
といえばそうですが


その時間を…例えば
・チラシを作ったり
・SNSに投稿したり
・グルメサイトページの
 写真を撮ったり・・・と

 

力点をお客さん集め
ズラしていかなければ
お客さんが来るようには
ならないんです。


仕入れは業者さんに任せて
あなたはあなたの仕事に
集中すべきです。

 

理由2:
月末の支払いから少し解放される。

 

私自身、これが大きくて
仕入れをしていた経験があります。

 

よく考えて欲しいんですが、


その場で材料を仕入れをするから
一品一品…ピーマン一つを取っても
通常の業者さんよりも安くて
いいものが仕入れられるかも
しれません。

 

しかし、結局は仕入れにお金を
使っているので
その差額は微々たるもの
になっています。

 

規模にもよりますが
月間単位で
2〜4万円くらいかな
と思います。

 

その時間と労力を販促に当てれば
簡単に2万〜4万円の売上が
上がる訳ですし


その何倍にもなって
あなたの元に入ってきます。


私はここに気がついて
仕入れを自分でするのを
綺麗サッパリ辞めました。

 

理由3:逃げているだけ

 

もしかして、


あなたにとって耳ざわりな話かもしれません。


耳ざわりと感じたら
本当のことだと思います。

 

でも、あなたに気がついて
欲しいのであえて書きます。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
仕入れをすることで
現実から逃げている
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


仕入れをしていることで
お客さんに胸を張れる
自分になれたり


家族にも売上の悪い
嫌な話をせずに済むから・・・


仕入れという本来作らなくてもいい仕事


無理に作って現実から
目をそらしています。

 

本当はあまり書きたくないんですが
私の昔の友人たちです。

 

お店を開業したはいいんだけど
売上が思うように上がらなくて
家族には売上のことも話せなくなり


しまいには家族や奥さんの顔を
見るのが辛いので


・店に泊まり込んだり


・仕入れと称して忙しくもないのに
 忙しそうなフリをしたり
 と何かにつけて逃げています。

 

昨日も友人と話していて
はじめに言われた言葉が


「小林さん、奥さんとは上手くいってる?」


「俺はもうダメかもしれない・・」


とネガティブな発言をしていました。

 

昔に一緒に辛い料理修行をした
仲間のなのでどうにかしてあげたい
ですが正直難しいです。

 

彼は仕入れを全て自分で行っています。

 

私が電話するとほとんど市場や
近くのスーパーなどで電話を取ってます。

 

それ以外の時間は
仕込みばかりをしています。

 

お店に来るお客さんは数えるほどです。

 

優先順位を変えてやるだけで
だいぶ変わるんですが
本人は一向に気がつきません。

 

あなたは優先順位を考えて
行動してください。

 

仕入れをするな!と
いうことではなく


あなたしかできない仕事が
他にあるんじゃないですか?
ということです。

 

ぜひ今日の話考えてみてくださいね。

それではまた!