[可愛い女性は”損得”どっち?]


小林です、


飛び込み営業への対応。


突然ですが、あなたのお店には
よく飛び込みで営業はきますか?


「ハイ、小林さん、営業は来ません。」


と言われるとコレで話が
終わってしまうんですが


営業が来ない場所でも


例えば
電話での営業やメール、FAXなど
多分あらゆる方法であなたのお店には
営業が来ていると思います。


次にお聞きしますが
その営業に対してあなたはどのような
対応をしていますか?


私の話を先にすると・・・


今から3年前くらいまでは
電話での営業に対しては
断るにしても話を聞いていました。


その中でも今年入ったばかりの新人で
とても笑顔が可愛い女性の営業が
来たことがあります。


買う気がない商品の話を
鼻の下を伸ばして聞いていました。


当時はお店の経営のことで
頭がいっぱいでした。


少しでも女性に癒されたい
思っていたんです。


今は?・・・というと。


店に居たとしても電話すら出ません。


電話以外だったらチラシなどは
見ることもあります。


が、


電話だけは
出ないようにしています。


どうしてかというと・・・
「時間が割けない」
です。


営業の話を聞いた所で
自分が欲しいものではない事が多いです。


そもそも何ですが、飲食店で必要な材料や
その他の必需品はすでに取引をしています。


もしかしたらその営業の方の会社は
今よりもいい商品を
持っている業者かもしれません。


しかし。


時間と比べてしまうと
営業の話を聞いている時間が
もったいないと思っています。


自慢ではないですが
私の店には場所柄
いろんな営業が来ます。


最近飛び込みで来た会社は
・宮崎県の野菜を扱う会社
・ワインを扱う会社
・求人サイト会社(かなり怪しい)
・冷凍のパンを扱う会社
・税理士事務所
・先物投資
・・・と多種多様な人が
営業に来ています。


ここで書いたのはほんの一部です。


実際はもっと来ています。


今もこの記事を書いている時に
一人営業が来ました。


「チラシを置かしてください!」
だそうです。


営業が男性だったせいかもしれないですが
意味不明のチラシを置くのは怖いので
断りました。


あなたも、この話を聞いて
時間が取られているようなら
考えたほうがいいです。


営業との打ち合わせばかりしている
店主やオーナーさんが多いなと感じています。


経営者がやるべき仕事はこちらです。


あなたに大事なのは
販促をして集客をし
売上を長期的に上げること
の方が大事な筈です。


営業の話をいくら聞いても
あなたは何も得られないです。


その人が本当に信頼が置ける人なら
いいんですがそうもいかないと思います。


「役に立つかも!」
と思うよりも


今自分に必要な事やモノは何か
を考えたほうが後々何倍も
大きな売上になってきます。


その中でも販促関係だけは
積極的に投資をしたほうがいいです。


天候があまり良くない日が多いですが、
そんな時こそ集客に対して
販促物を作ったりの時間
にしたほうがいいです。


またね。


バイバイ!!


(写真はうちのアルバイトスタッフです。)