小林です、


飲食店は少しでも多くメニュー数を
増やしてお客さんがどれを頼んでも
いいようにしています。
(一部の専門店を除く)


例えば
バル


小皿(タパス)を選ぶのは楽しいです。


カウンターに所狭しと美味しそうな料理を
並べられているお店なら尚更
ワクワクします。


私がたまーに行くお店があるのですが
いつも大変賑わっています。


売上を度外視して利益だけで見れば
ラーメンなど一つの商品だけを
売っている方が断然儲かります。
(集客ができればですが..)


牛丼屋やハンバーグ専門店
など同じビジネスモデル
収益を上げています。


しかし、居酒屋、バル、イタリアンなどは
多数のメニューを置き
「選んでもらう楽しさ」
同時に演出しています。


知らないと同じ飲食店ですが根本的に
違うビジネスモデルなのです。


かなり恥ずかしいのですが
以前の私の話を少ししたいと思います。


私のお店は今でこそ「肉」をウリとしていますが
開店当初はビストロとして営業していました。


ビストロなのでメニュー数は多く
スタッフのそれなりの数を揃えてました。


しかし売上はそれなりには上がるのに
利益が全く取れない・・・
のが当時の悩みだった覚えがあります。


集客ができて売上が立っている時は
良かったんですが


集客自体ができなくなってくると
途端に経営自体が苦しくなっていきました。


スタッフも次々と辞めていきました。


店が暇になれば過剰人員です。


お客さんの数が少ないので仕事の奪い合いになり
喧嘩が始まり、、、ジエンド
という感じです。


スタッフの数が減り、以前のままのメニューでは
来店してくれたお客さんに迷惑になるな、と感じ
思い切ってメニュー数を減らすことにしました。


結果はどうなったのか・・・正直驚きました。


まず。


今までの客単価とは比べ物にならないくらい
のレベルで客単価が上がりました。


これもあまり言いたくはないんですが
開業当初の客単価は6000円です。


それが8000円になりました。


飲食店でいきなり2000円アップ
は凄いと思いませんか?


単発客単価ではなく平均客単価です。


「えー本当!小林さん大きく
言っているんじゃないの〜?」


と疑ってしまうかもしれませんが全て本当です。


嘘だと思うなら当時のスタッフに聞いてください。


それともう一つメニュー数を減らして
よかったことがあります。


お客さんの満足度が上がった
ことです。


メニュー数が多い時は正直あまり満足度は
高くなかったように思います。


食事をして帰るお客さんに向かって
「ありがとうございました!」
と言うと・・・


「どーも」とか「ごちそーさん」
ひどいと無視をされたりしました。


メニュー数を絞ったら


「いやー美味しかった、また来るよ!」
「いつも美味しいね。」
「今度違う友人を連れてくるよ!」


と言ってもらえるようになりました。


信じられないかもしれませんが
全て事実です。


メニューを増やすどころか絞り込んだ結果。


客単価がアップして
お客さんの満足度も上がった。
のです。


あなたのお店が今メニュー数が多いな
と思ったらメニュー数を絞り込んでください。


きっと満足度が今よりアップしますよ!


それでは!