小林です、


ブラック店舗へ真っしぐら!


飲食店などの店舗型ビジネスは
長時間労働になりやすく
現代に働く人にとっては
いささか働きづらいです。


あなたも知っても通り
十年前と今では働き方
大きな違いが出てきました。


そして人材情報誌に
いくら求人募集としても
一向に応募者が集まらない店舗が
増えてます。


私は今こそ飲食店や店舗系ビジネス
全般で働き方のスタイルを変える
必要があると思っています。


「小林さん、人材がいないのは
分かったけど
今後どうしたらいいの?」


皆同じことを思っています。苦笑


そこであなたはには今
2つの道があります。


一つの道はこのままの[やり方]
[考え方]を貫く方法です。


今までと同じなので、その他多くの
会社や店舗と変わりはありません。


周りの店舗と同じやり方なので
特徴は何も生まれず人材獲得競争に
突入していきます。


もう一つの方法は
今までの考え方を無視する。
です。


新しい考え方で店舗運営を行うので
あなたの友人や周りの仲間は
不思議に思います。


そして自分たちとやり方が違うため
やればやるほど目立っていきます。


その結果どうなるのか・・


嫌がらせをされます。
妬まれます。
影で悪口を言われます。


こう言われてどう思いますか?


それでもどうにかしたい!
強く思う方は恐る恐る…
読み進めてください。


前者方法をあなたが採用すれば
平穏無事な毎日です。(多分)


周りのお店と同じなので安心です。


人からは何も言われませんし
むしろ自分たちと同じ仲間と思われて
飲み会などにも誘われます。


しかし、
あなたは置かれた状況は
いっこうに解決していません。


人の批判や人からの目を
気にしているから
解決できません。


例えば
どこよりも安いと自負する
当店よりも高いお店が
あれば言ってください。


・・と、安さをうたって集客
している飲食店があります。


考えてほしんですが、
安さで勝負しようとすると…


はじめは集客ができると思います。
他店よりも安いから・・


でもね結局は価格が安い分
利益が薄いために


給料を払わなかったり
料理を大幅に手抜きしたり
長時間労働を強いたり
…など


無理をする分どこかで
シワ寄せが出てきます。


ハッキリ言って一つもいいこと
ありません。


結果。


利益が出ないと経営を
持続することはできないため


開業から数年で閉店
ということになります。


再びあなたに考えて欲しいんですが


あなたが働くならば
そのような業界で働きたい
と思うでしょうか?


…先が分かっているのに
やる人間はいませんよね。


なので
人材募集をしても
集まらないのです。


ではどうすればいいのかですが・・


ここからは私の考えです。


飲食店や店舗経営に塗られた
“暗黒のイメージ”を塗り替える
必要があると思っています。


いくつかあるんですが
その一つは「理念」を打ち出す
ことにあります。


そしてもう一つ
「ミッション」(使命)
です。


あなたのお店がどんな「理念」
「ミッション」があり
経営をしているのか


世の中に対しどんな貢献をしているのか
を考える必要があるのです。


「小林さん、
言っていることはわかるんですが
大きすぎてイメージが湧かないです」


分かります。


以前の私がそうでした。


でも世間に意識を向けてみてください。


○クルートや人材派遣会社など
多くの会社で統計を取っています。


「どんな会社で働きたいですか?」


という質問に対しての答えが
興味深いです。


ランキング形式で発表されています。


1位がお金(給料)ではありません。


男女ともにトップに上げているのが
(やりがい)を上げています。


つまり(やりがい)を持って
仕事をしたいと考えているのです。


やりがいを見つけたい、人材に対し
あなたのお店では何が
提供できるのでしょう。


その答えを導くことが
あなたのお店(会社)が社会に
存在する理由を明確にする


「理念」「ミッション」
必要なのです。


もし、現在あなたのお店が
ないようでしたら作ることを
強く勧めます。


それではまたね!