小林です、


メニューが多い店ほど利益がない。


あなたのお店を他の競合店から
選んでもらう基準の一つに
メニューの多さがあると思います。


これは私の実経験から言いますが


メニュー数が多いお店ほど
利益が取れていません。


それと・・メニューが多いほど
世間に対する認知度が低くなります。


この事実をあなたは知らないと
メニュー数を増やす度に
あなたの給料が下がり


業者さんやマスコミなどの信用度
もガタ落ちになります。


私たちのような中小規模で経営している
お店にとってメニューの豊富さで
集客をしようとすること自体
無理があります。


「山野部さんが、この間来た時に
大きな海老食べたいって言ってたなぁ」


「明日、山野部さんの予約が
入っているから海老を注文しておくか」


この会話。


今から4年前の私です。


常連のお客さんが来るたびに
リクエストをされて


断るのが怖くて結果的に
メニューが増えていきます。


しまいにはどのメニューがどの
材料なのかが分からなくなり。


ゴミ箱行きになりました。


この捨てた分・・・


丸々ロスです。


損害価格は店によって違いますが
私のお店は業態的に高級な食材が
多いです。


きちんと計算した訳ではないんですが
推定で5万円程度だと思います。


この5万円うまく売れば
15万円20万円になります。


モッタイナイ事をしたと思います。


このようにメニューの広げすぎは
特に料理に自信があるお店ほど
陥りがちになります。


あなたは気をつけてください。


メニューが多いとロスが増えて
利益を圧迫されていくのも一つ
ですが・・・


もっと根本的な問題があります。


お客さんはメニューが多いから
喜ぶわけではない。


という事実です。


仮に
ラーメン屋に食べに行って
ラーメン以外のメニューが
主力のラーメンよりも
品数があったら注文しますか?


しないと思います。


理由は、お客さんはラーメンを
食べに店に来ています。


なので、サイドメニューには
興味がありません。


もう一つ・・洋食系で多いのが・・・


イタリア料理を食べに行くと
沢山のメニューが並んでいて
どれを食べようか
目移りしてしまいます。


多分・・お店としては
お客さんが迷ってしまい。


自分たちが呼ばれ相談されることを
望んでいると思います。


しかし、多くのお客さんは
スタッフに聞くことはしません。


代わりに、値段の安い料理だけ
をピックアップして注文します。


メニュー数が多いと
売上が上がるどころか
下がってしまう・・


・・と言われる
一番の原因はコレです。


お店側としてはメニュー数が多い方で
あれもこれもと頼んでくれて
売上が上がる事を望んでいるんです。


が、しかし、


お客さんは別の行動を
とってしまいます。


その結果。


忙しいのに
売上が思ったほど上がっていない
ことになっていきます。


何度も繰り返しになりますが、


料理に自信のあるお店ほど
メニュー数が多くなってます。


あなたは気をつけてください。


それではまたね!